FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
体は、繋がっているものなので、

どこか関節を調整して、その状態を変えると、

それに呼応するかのように、

他の関節もその在り方を変化させます。

呼応して変化する側の関節が、

全体としてうまくまとまる方向性に変化してくれるときは、

単純に、ここでは

「楽になる」「動きやすくなる」「バランスが良くなる」という意味で

とらえていただいてもOKですけど、

そういう時には、それはそれで把握しやすいのですが、

時には、自然な連繋から外れて

「へぇ~! そういう変化をするんだ~」

というような変化をみせることもあります。

呼応して変化するというのは、

施術を介して直接的に変化した関節に対して、

今の体なりに、それに合わせたバランスを保とうとする、

ただその一点で、呼応します。

ですので、

施術者サイドが「へぇ~」と思うような変化であっても、

その変化自体が「いい・悪い」でいうところの

「悪い変化」とは言えないわけで、

単に、そういう変化を示す背景が何かあるよ~、という理解になるのです。

ただ、その背景に目を向けていくと、

より、カラダを知るための手掛かりにもなります。


今日、ある方の施術をしていて、

施術者的にとても興味深い変化、反応を体が示した施術があって、

思わず「ほぉ~~」と口にしてしまったところ、

その来院者さんから、そのことについて

「どうしたんですか~?」

と投げかけられ、説明したことを

書いてみました。

まとまりのない書き方になりましたが、

この辺りは、後日あらためて書きたいと思います。