FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/08

たんぽぽに来院された方に、

服用されている(いた)薬をうかがうと、

最近よく聞くのが「ロキソニン」。

その「ロキソニン」の副作用についての注目記事です。


ロキソニンに「重大な副作用」 実際のリスクは? 厚労省に聞いた

第一三共ヘルスケアの「ロキソニンSプラス」

解熱鎮痛剤として広く使われている「ロキソニン」の使用上の注意に、「重大な副作用」として小腸・大腸の閉塞・狭窄などが追記されることになったというニュースが、ネットで話題になっている。【BuzzFeed Japan 渡辺 一樹】

このニュースを見た人の中には、「ロキソニン」という薬に重大なリスクが見つかったのだと受け止めている人もいる。

だが、厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に対し「ただちに使うのをやめてというような、緊急性の高い話ではない」と話す。

厚労省の通知によると、小腸・大腸の狭窄・閉塞の重篤な症状は、ロキソニンの副作用として「まれに」起こることがある。そのため、もし吐き気・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状があらわれたら「直ちに医師の診察を受ける」べきだということだ。
.

専門用語で誤解生じた?

それでは、「重大な副作用」というのは、いったい何だったのか。

今回の件は、専門用語で書かれたニュースが一般に広まったことで、誤解が生じたという側面があるようだ。

同課の担当者によると、「重大な副作用」は、医薬品分野の専門用語。「もし症状が起こったら、健康に重大な影響がある副作用」という意味で、症状が軽い副作用と区別するために使う言葉だという。

つまり、「重大な副作用」は、副作用が起きる確率が高いことを示す言葉ではないわけだ。

そもそも、「重大な副作用」という言葉が登場するのは、一般用ではなく医療用の薬に添付される文書の中で、読むのは医療関係者だという。
.

「副作用理解して使って」

今回、ロキソニンについての注意書きが改訂されることになったきっかけは、すべての医薬品について行っている安全調査で事例報告が集まってきたからだという。報告数は直近3年間で6例だったそうだ。

同課の担当者は次のように話していた。

「ロキソニンは長い歴史のある薬です。今回の副作用は、これだけ時間がかかってようやく見つかったものです」

「医療用のロキソニンの文書には10以上の『重大な副作用』が書いてあります。今回は、気をつけていただくべき副作用の種類が少し増えたということです」

「薬には副作用があります。そのことを理解した上で使ってください」(3月24日(木):BuzzFeed Japan)



明け方の気温も、ついに氷点下ではなくなり、

盛岡もいよいよ春本番、といったところでしょうか。

そうなると、やはり避けられないのが、花粉。

幸い、私はまだ花粉症の症状は出ておりませんが、

この花粉症につきものなのが、くしゃみ。

場所を問わず、いったん出始めると、なかなか止まらないんですよねぇ。

そんな、くしゃみを 「静かに」 行う方法が紹介されていました。
(life hackerより)

1.ティッシュの代わりに厚手のハンカチを使う(布の繊維が音を吸収)。

2.くしゃみをする寸前で息を止める(体の反射運動を抑制するため)。

3.くしゃみと同時にせきをする(音のボリュームを抑えながら反射運動を緩和するため)。

4.歯を食いしばり、音が出るのを防ぐ(空気圧が高まらないように唇は少し開けておくこと)。

5.人差し指を鼻の根元に軽く押し当てるようにする(くしゃみがよりマイルドに)。



…くしゃみと同時に咳というのは難しいような…むしろうるさいような…

なんだかツッコミどころがいろいろありそうな対処法ですが、

ご興味のある方はお試しくださいませ~。

ちなみに、私はこの都市伝説は知りませんでしたが、

「くしゃみのときに鼻をつまむと脳が爆発する」という都市伝説がありましたね。
実はこれ、部分的にはあたっています。
くしゃみをするときに鼻をつまむと気道の空気圧が高まって、喉頭を骨折したり、
鼓膜が破れたり、声の変節や眼球の腫れなどの原因になるので、
良い子はマネしないでくださいね。

とも書かれておりましたので、こちらはマネされませんようお気を付け下さい。


氷点下に始まり、日中も気温は一桁のまま。

気付けば、冬本番です。

寒がりではない人も、北国の冬はなかなか厳しく、

こうも寒いと、やはり、動きたくなくなりますが、

寒さ対策には、“運動に勝るものはない”とのこと。

寒さが嫌なら、さぁ歩け、ですかね(笑)。


<冬到来>寒さに強い人と弱い人の違いとは

 寒風が身にしみる季節になりました。同じ寒さにさらされても、寒いと感じる人とそうでない人がいます。どこが違うのでしょうか。さらに、寒さに強い体を作るにはどうしたらいいのでしょうか。信州大学教授の能勢博さんに聞きました。【聞き手=編集部・中村好見】

 ◇寒さに対する体の調節反応

 元々ヒトの寒さに対する反応は、暑さに対するほど優れてはいません。それでも、周りをみてみると、寒がりの人とそうでない人がいます。このことから、寒さに対する体の調節反応が確かに存在すること、そしてそれには個人差があることがわかります。

 まず、「寒い」と感じるのは皮膚です。寒さにさらされると、皮膚の血管が収縮して肌の色が白くなります。これは皮膚表面の温度を下げて、体熱の放散を抑え、体温の低下を防ごうとする調節反応です。さらに我慢していると「震え」が起こってきます。「震え」は筋肉のリズミカルな収縮です。はじめは口の周囲の筋肉で起こり、歯がガチガチ音を立てます。それが徐々に全身に拡大して、最後には四肢に及びます。「震え」によって消費されるエネルギーのすべては熱になります。生じる熱量は、筋肉量が多いほど大きくなり、最大3kcal/分。体重70kgの人で、熱の放散がなければ、1分間に体温を0.05度、1時間で3度上昇させる量です。

 ◇寒さ対策に運動に勝るものはない

 このような状況に陥った時、ガタガタ震えながら不愉快な思いでじっと我慢するより、ややきつい運動をして、体を温めようとしますよね。それは正解です。私たちはこの「ややきつい運動」に「インターバル速歩」を勧めています。インターバル速歩とは、軽い会話ができる程度の速歩きで3分間歩き、3分間ゆっくり歩く、このセットを繰り返す運動法です。セットを1日5回以上、週4日以上繰り返すことが目標です。インターバル速歩を行うことで体力が10歳分ほど若返ることが科学的に証明されています。

 運動して筋肉が収縮すると、代謝が進んで熱が生み出され、体温は上昇します。そして「震え」は徐々に抑えられ、いずれ止まります。さらに、ややきついと感じる運動をした後の1~2時間は、高体温が維持されます。これは、運動中に消費した筋肉内のエネルギー源(ブドウ糖)を回復し、また若干ですが損傷した筋線維を修復することによって、代謝が進むからです。その際、糖質、乳たんぱく質を多く含む牛乳をコップ1杯分飲んだら、この反応がさらに進みます。そして筋肉量も増加することが分かっています。

 ◇寒がりな人とそうでない人の違い

 では、同じ寒さにさらされても、寒いと感じる人とそうでない人では何が違うのでしょうか。その一つは筋肉量の違いです。筋肉は収縮していない安静時も、細胞内でエネルギーを絶えず消費しています。筋肉量が多いと、この安静時の代謝量(基礎代謝量)が大きくなるので、体が温まりやすく寒さに強い体になります。加えて、前述したように筋肉量が増えると、「震え」で発生する熱量も増えます。さらに、その筋肉を使って運動をすれば、その強度と継続時間に応じて、多くの熱が生み出されます。

 一方、寒さに慣れた人は慣れていない人に比べて、寒さにさらされてもなかなか「震え」が起こらないようになります。これは、寒さにさらされると交感神経の活動が活発になって脂肪が燃え、熱が生み出されるメカニズムが、寒さに幾度となくさらされるうちに発達するためです。これを、「非震え熱産生」といいます。このように、寒さに強い体になるには、(1)全身の筋肉量を増加させて基礎代謝量を上昇させること、(2)「非震え熱産生量」を増加させることが有効であるといえます。

 「寒い、寒い」と暖かい部屋の中で縮こまっていないで、思い切って外でインターバル速歩をしましょう。(12月6日(日):毎日新聞 )

タレント、叶姉妹の妹の美香さんが、

「急性アナフィラキシーショック」で、入院されましたね。

アナフィラキシーについてちょっと調べてみると、

 「アナフィラキシーショックは、外部からのアレルギーが原因となる
 抗原物質「アレルゲン」が体内に入ることで引き起こされる、
 全身性の強いアレルギー反応のことを言う。
 呼吸器や皮膚などの
 限範囲だけでなく、症状が全身に表れるのが特徴。」

とのこと。

アナフィラキシーショックが起こる原因は、主に3つあり、

「特定の食べ物を摂取すること」、「スズメバチなどの虫に刺されること」、

「ショックの原因となり得る薬物を注射や吸入すること」だそうです。

ショック症状を引き起こすと、はじめは口や手足のしびれ、蕁麻疹、

冷や汗から始まり、次第に脈が弱くなっていく。

血圧が急激に下がり、呼吸困難に陥り、命の危険をともなうんだそうです。

ショック症状にともなう気管の収縮により、気道にむくみがおこり、

窒息に至り早い場合だと15分で死に至ることもあるため、

救急処置が必要、とのこと。

叶美香さんは、幸い、回復されてきているようなので良かったですが、

医師から処方された薬を適量服用していても、起こってしまうというのは

とても怖いですね。

中には、好物の食品が引き金になってしまうこともあるとか。

アナフィラキシーショックを未然に防ぐには、事前にアレルギー反応テストを受け、

ショックを引き起こす危険性の高い原因物質を知っておくことが重要、とのことです。

誰にでも起こりうることのようですから、自分は大丈夫という考えは持たない方が

いいようですね。
「歩いている割には、カロリー消費が少ない気がする…」

そんな方は、速度を変えながら歩いてみてはいかがでしょうか?

ウォーキングの効果を検証した研究によると、

「歩行速度を変えるだけでウォーキングのエネルギー消費量が

 最大で20%上昇することが判明」

したそうです。

さらに、より多くのカロリーを消費するには、

“しばらく歩いたら止まる”それを繰り返したり、“くねくねとまっがて歩く”

など、様々な方法があるようですよ。ご参考にどうぞ。

カロリー消費には速度を変えながら歩くとよい(2015.10.22掲載)

ウォーキングはカロリー消費に優れた方法だが、新しい研究では、歩行速度を変えながら歩くことで最大20%多くのエネルギーを消費できることがわかった。

「ウォーキングの効果を検討した研究は、一定のスピードで歩行するものがほとんどであり、今回の知見はこれらの結果を補足するものになる」と、研究著者の1人である米オハイオ州立大学教授のManoj Srinivasan氏は述べている。この知見は「Biology Letters」9月号に掲載された。

「人間はトレッドミルの上で普段生活しているわけではなく、日常的に同じ速度で歩いているわけでもない。歩行速度を変えた際の代謝エネルギーコストはたいへん重要な指標であり、今回、この歩行速度を変えるだけでウォーキングのエネルギー消費量が大幅に上昇することが判明した」と説明している。

同氏によると、ウォーキングやスポーツ中のエネルギー消費量は一般に過小評価されている可能性があると指摘している。身体の動きを「スタート」し、「ストップ」することで消費するエネルギーは、1日の通常の生活動作で消費するエネルギーの約8%を占めているが、これはエネルギー消費量の推定値に含まれていないことが多いという。

研究を主導した同大学のNidhi Seethapathi氏は、「どんな速度でもウォーキングはエネルギーを消費するが、歩行速度を変える動作はアクセルを踏むようなもの。身体の運動エネルギーを変えると脚をより多く動かす必要が生じるが、この過程は確実にエネルギー消費量をさらに増加させる」と述べている。

今回の研究では、歩行速度を変えたときの代謝コスト、いわゆるエネルギー消費量を測定した。対象者には、一定の速度を保ったトレッドミルで歩いてもらい、装置の前方を歩く速足と後方を歩く遅足を交互に行ってもらった。

この研究ではほかに、人間は短い距離を歩く際には遅く歩く傾向があり、逆に遠距離を歩く際には速く歩く傾向があることもわかった。研究者らによると、理学療法士は、一定の距離を歩くのに要する時間の長さで患者の回復度を判定するため、今回の結果は彼らにとっても有用な情報であるとしている。

Srinivasan 氏は、「もしより多くのカロリーを消費したいなら、“自然ではないと感じるような方法”で歩くことだ」とアドバイスしており、具体的には、(1)バックパックを背負って歩く、(2)脚にウエイトをつけて歩く、(3)しばらく歩いたら止まるを繰り返す、(4)くねくねと曲がって歩行する――といった方法を挙げている。(HealthDay News 2015年10月13日)