FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/08

今回の記事によると、

「気圧が低いほど関節の痛みや腫れが悪化する」

ということの相関関係が明らかになったようです。

加えて、湿度も若干関係するが、気温との相関はなかったとのこと。

たんぽぽには、リウマチの既往がある方もいらっしゃったりしますが、

気圧の変化への対応も必須ですね。


迷信じゃなかった「天気悪い」→「リウマチ悪化」…京大グループが実証


 京都大付属病院などは、リウマチ患者の臨床データと気象庁の天候情報を分析し、気圧が低いほど関節の痛みや腫れが悪化するとの相関関係を明らかにした。従来、天気が悪くなるとリウマチの症状が悪化することは経験的に知られていたが、統計学的に実証したのは世界初という。米オンライン科学誌プロスワンに16日掲載された。

 同病院リウマチセンターの橋本求特定助教らは、リウマチ患者約2千人のデータと、気象庁が公開している天候情報を分析。気圧が低くなるほど痛みや腫れの悪化を訴える患者が多く、3日前の天気が最も影響することがわかった。湿度も若干関係するが、気温との相関はなかった。

 一方、炎症の程度を示す血液データと気象との相関はなかったため、天気がリウマチの進行に大きな影響を与えることはないと考えられるという。

 リウマチは関節に炎症が起きて痛みや腫れが出る病気で、国内に約70万人の患者がいるとされる。

 橋本特定助教は、「気圧と症状が関係する原因は分からないが、昔から患者さんが実感していることが統計学的にも事実だとわかった」としている。

【産経新聞 1月16日(木)】

構造的な視点で、痛みというものを考える場合、

組織別に疼痛の感受性をみてみると

 皮膚(表皮・真皮)・・・・・感受性が高い。
 皮下組織・・・・・・・・・・・・あまり高くない。
 筋膜・・・・・・・・・・・・・・・・非常に感受性が高い。
 筋組織・・・・・・・・・・・・・・あまり痛くない。
 骨膜・・・・・・・・・・・・・・・・感受性が強い。
 骨組織・骨髄・・・・・・・・・無痛。
 関節包の線維膜、靭帯や腱・・・・・感受性が高い。

という特徴があります。

骨そのものや筋肉そのものよりも、

それらを覆う筋膜、骨膜、皮膚、関節包や靭帯、腱などのほうが

痛みの感受性は高いのです。

骨や筋肉などの本体よりも、それらを包む、つなげる組織のほうが、

痛みには敏感だといえるのです。
“笑い”がもたらす効果の研究報告について、

過去にもいくつか紹介しましたが、

今回は、痛みについてです。ご参考にどうぞ。



笑いは最高の鎮痛薬、痛みの許容レベルが10%上昇英研究

 友人と一緒に笑う時間を共有すると鎮痛効果が得られるらしい。英オックスフォード大学社会文化人類学研究所のRobin I. M. Dunbar所長らは、上品なくすくす笑いではなく、腹式呼吸などの体の動きを伴う笑いでは、体力を消耗することでエンドルフィンが放出されることを明らかにし、英学術専門誌「Proceedings of the Royal Society B」(電子版)に発表した。エンドルフィンは、鎮痛作用と多幸感をもたらすと考えられている。また同所長らは、誰かとコメディー番組を15分間見るだけで、痛みの許容レベルが平均で約10%上昇することも突き止めた。

他者との共有で笑いが30倍に
 Dunbar所長は「体の動きを伴う自然な笑いだけがエンドルフィンの放出を促進するのは、人間が社会性を発達させる進化を遂げた結果だろう」と述べている。また、多くの研究から、人間は1人でいるときよりも誰かと一緒にいるときの方が30倍多く笑うことが示されている。今回の研究でも、エンドルフィンの大量放出は、腹式呼吸を伴う心からの笑いを誰かと共有したときに限られることが示唆されている。

 同所長らは、リラックスした状態での目元にしわができる自然な笑いと、笑いじわをつくらない上品な笑いを分けた。前者では息を吸わずに連続して息を吐くが、これは人間特有の不随意運動(意思と無関係な動作)。こうした運動により、エンドルフィンの放出が誘発されるという。笑いは大型類人猿でも観察されるが、人間以外では笑う際に息を吐くだけでなく息を吸う動作も見られる。

 同所長らは今回、痛みの対する許容レベルがどのような要因で決定されるのかを検討するため、10年以上に及ぶ6件の試験を実施した。それぞれの試験対象者は、実験室でテレビ番組を視聴するか、劇場などで舞台を観覧し、その前後に痛みの許容レベルを測定した。この測定は、氷冷スリーブ、血圧測定カフによる加圧、痛みを伴うきついトレーニングで行った。

笑うこと自体が重要
 その結果、ゴルフレッスンやドキュメンタリー(いずれも脳を活性化させることを意図した内容のもの)の番組に比べて、『Mr.ビーン』や『フレンズ』などのコメディー番組を15分間視聴する方が痛みの許容レベルを上昇させることが分かった。また、視聴者をリラックスした気分にさせる自然番組の視聴では、ゴルフレッスン番組の場合と同様に痛みの許容レベルに大きな変化は認められなかった。このことから、エンドルフィン放出による鎮痛効果に重要なのは笑い自体であって、心地よさや満足感によるものではないことが示唆された。

 別の試験では、英エジンバラで開催される芸術祭でコメディーライブを観覧した参加者と、演劇を見た参加者で痛みの許容レベルを比較した。その結果、笑いを誰かと共有することで得られる鎮静効果は実験室に限られたものではなく、実際の生活の中でも発揮されることが確認された。

 Dunbar所長は「人間が笑う理由や社会生活における笑いの役割については、これまでほとんど研究されていなかった。今回、参加者の笑いを録音して検討した結果、彼らはコメディーを見ている時間の3分の1を笑って過ごし、それにより痛みの許容レベルが上昇した。笑いが人間社会で非常に重要な役割を果たしているのは、こうしたエンドルフィン放出作用によるものだろう」と述べている。

 人間を含む霊長類で重要とされる笑いは、これまで学術的にはほとんど注目されていなかった。今回の最新論文は、エンドルフィン放出を促進するためにはグループ活動が重要であることを示唆した同所長による別の研究結果からも裏付けられている。

 同所長らが以前に行った研究(英学術専門誌「Biology Letters」2010; 6: 106-108)では、競技ボートチームのメンバーが個人ではなくグループでトレーニングすると、痛みの許容レベルが上がることが示された。演奏やダンス、宗教儀式といった共同体活動も幸福感を作り出すことが分かっている。複数の研究によると、これらも脳内のエンドルフィン放出と関連している可能性があるという。(2012年1月6日:Medical Tribune)

本日の、気になる記事をご紹介。

痛い時には腕組みを、とのことですが、果たして…。


「腕組み」が痛み緩和に効果、脳が混乱=英研究

 [ロンドン 20日 ロイター] 腕を組むことが脳の機能を混乱させ、痛みの緩和につながることが、20日発売の学術誌「Pain」に掲載される研究結果で明らかになった。

 研究結果を発表したユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の科学者チームは、腕組みが痛みの軽減につながる理由として、腕を交差させることにより、体と外部空間を司る脳内の2つの場所で互いの情報が相反することにあるとした。

 UCLのジャンドメニコ・イアネッティ氏は「日常生活ではたいてい、左側にあるものは左手で、右側にあるものは右手で触る」とし、その結果、体の右側および右側の空間を担当する部分はそれぞれ通常同時に活性化され、痛みの処理が非常に効率良く行われるという。

 ところが腕を交差すると、同時には活性化されず、痛みなどの刺激が弱く感知されると説明した。

 イアネッティ氏は「けがなどをした場合は、患部をさするだけでなく、腕組みもしたほうがいいかもしれない」と述べた。

 研究では参加者8人に対し、レーザーを用いて体に触れることなく手に刺すような痛みを与え、腕組みをしたときとそうでないときを比較した。参加者自身が痛みの強さを評価したほか、脳波検査(EEG)で脳の反応も測定された。

 その結果、参加者自身の評価とEEGの両方で、腕組みをしたときのほうが痛みの感じ方が弱かったという。

これが効くと思っていれば、

たとえそれが偽薬であっても

相応の効果があるとされるプラセボ効果。

そうしたプラセボ効果とは逆の効果も作用するようです。

記事によると、実際に鎮痛薬を投与していても、

薬剤投与の中止を告げただけで、

疼痛レベルが上昇してしまうようです。

薬剤の投与がなされている中で、投与量を変更せずに、

薬が投与されていると信じていれば、疼痛レベルが低下し、

薬が投与されていないと信じてしまえば、疼痛レベルが上昇する。

つまり、使用状況の有無を信じることで、

疼痛レベルは変動してしまうということのようです。

プラセボ、ノセボ(反偽薬)ともに、疼痛のコントロールには、

脳の働き、心のあり方が、大きく効果に影響するようですね。



プラセボ効果とは逆の“ノセボ”効果も作用

プラセボ(偽薬)を服用してもそれが薬だと信じていれば効果がみられがちな「プラセボ(placebo)効果」は一般的に知られているが、その逆も真実であることが新しい研究によって示唆された。

ドイツ、ハンブルク大学メディカルセンター神経学のUlrike Bingel博士らによる今回の研究では、薬剤の投与量を変更しなくとも強力なオピオイド系鎮痛薬であるレミフェンタニルの使用状況(有無)を信じることで疼痛レベルが大きく変動した。また、患者に薬剤投与の中止を告げるとまもなく、疼痛レベルが急上昇する“ノセボ(nocebo:反偽薬)”効果)がみられたという。

同氏らは、健常ボランティア22人にレミフェンタニルを投与し、治療に対する患者の期待を変化させてその効果を調べた。まず被験者を脳MRIスキャナーに入れ、薬剤投与のための静脈ラインを確保後、痛みが生じる点まで被験者の脚を加熱し、それぞれの被験者が7割の痛みであると最初に評価したレベルに疼痛を設定した。同時に、レミフェンタニルを投与したが、そのことは被験者には告げなかった。

被験者の自己申告による平均疼痛レベルが100点満点の66点から55点に低下後、(すでに投与していた)同薬の投与を開始したと告げたところ、平均疼痛レベルは39点まで劇的に低下した。“ノセボ”効果を調べるため、同薬の投与中止を告げると、被験者は再び疼痛を感じ始め、疼痛レベルは平均64点上昇し、鎮痛薬をまったく使用しない場合と同程度になった。

また、MRIスキャンでは、試験の各段階で被験者の疼痛や疼痛軽減に対する期待に応じて異なる脳活動がみられ、特に、鎮痛薬を服用していると考えていると、脳の領域は疼痛シグナルが脳や脊髄に到達しにくい状態になっていた。Bingel氏は「この研究は薬効への期待が治療効果に大きく影響するエビデンス(科学的証拠)をもたらす。全体的な治療結果を最適にするため、医師は薬物療法に対する信念や期待、経験をより体系的に評価し、統合すべきである」という。

別の専門家は「医師は治療に関する患者の教育をうまく行ない、誤った期待や否定的な期待を限定させなければならない。そうすれば、結果がはるかに良くなり、患者が治療により満足すると思われる」と述べている。研究結果は、医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療)」2月16日号に掲載された。(HealthDay News 2月16日)