FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/05

疲れたら、5分間、音楽を聴くとセロトニンとドーパミンのバランスが調整され、

集中力の回復が得られるようです。

ただし、できれば静かな曲でロックはあまり向かないとのこと。



疲れたら5分間の“音休”を、音楽療法で仕事効率アップ!

 仕事や勉強には集中力が必要だが、人間が集中し続けられる時間は30~40分程度といわれている。つまり、最低でも40分に1回は休憩を入れた方が効率良く作業できるようだ。この休憩について、さらに集中力を高められる方法があるという。それが音楽療法。やり方は簡単、作業を中断して音楽を5分間聞くだけだ。ただ、リラックスをして次の集中力につなげるには選曲が重要となってくる。音楽療法を研究して20年、埼玉医科大学保健医療学部の和合治久教授(理学博士)に、仕事の効率をアップできる効果的な音楽休憩、“音休”など音楽療法について聞いた。

ロックでは休息にならない

 音楽は人の心理に作用する効果があり、例えば激しい曲を聞くと交感神経が刺激されて活発になり、静かな曲なら副交感神経が刺激されて落ち着く。仕事中など集中しているは交感神経が活発になり、ドーパミンが分泌されている状態。「脳が効率的に働くためには、興奮を促すドーパミンと沈静を促すセロトニンのメリハリが重要。ドーパミンが出っぱなしになって疲れた脳を休ませるのが“音休”です」(和合教授)

 方法は、集中力が切れたと感じたら、椅子に座った状態で目を閉じ、心地よいと思える音量で音楽を5分間聞くだけ。イヤホンやヘッドホンで聞いても十分リラックスでき、5分後に集中力を取り戻せる。ただ、和合教授が理想とするのは、会社や学校に音楽療法室を作り、そこで30~40分に1回、5分間の“音休”を取ることだという。

 ここで重要となるのが選曲だ。「ただ単に音楽を流せば音楽療法になる、というわけではありません。例えば、ロック好きの人がロックを聞いて気持ちよくなったとしても、それはリラックスしていないんです」(和合教授)。激しい音楽を聞いている場合、本人が休息しているつもりでも交感神経が刺激され続けるという。

モーツァルトがオススメ

 では、どんな音楽が良いのか。和合教授が勧めるのは、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 K.376 第1楽章」「セレナード 第4番 ニ長調 K.203 第2楽章」「オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370 第1楽章」など。モーツァルトの楽曲は、3,500ヘルツ以上の高周波音とゆらぎ音、和音が豊富で、多くのクラシック曲の中でも特に心地よさを感じられるのだという。

 和合教授が監修したCDは、『refine“身近にできる音楽療法”~能率を上げるCD~』をはじめ、多数発売されている。また、音楽放送大手のUSENでは、同教授が監修したオリジナル曲などを放送する法人向けサービス「サウンド・デザイン・フォー・オフィス~働く人のためのメンタルバランス・ミュージック~」を提供している。
   
さらに、“究極の音楽療法”はクラシックの生演奏を聞くこと。「音は空気の振動によって伝わりますが、その振動を耳だけでなく全身の細胞で感じることが体に良い作用をもたらすと考えられています。健康に気遣うなら、月に一度はライブで音楽を味わってください。また、眠ってしまっても大丈夫です。聴覚はきちんと働いていて、副交感神経は刺激されます」(和合教授)

「能動的音楽療法」で誤嚥予防も

 また、和合教授が心配するのが、音楽が与える子供の心身面への影響だ。「昔と違い、今は激しい音楽がテレビ番組やCM、飲食店などにあふれています。ヒット曲もアップテンポのものばかり。こうした音楽に日常的にさらされていると、ドーパミンが常に分泌されて“キレやすい”状態になります。また、免疫力が低下するため、アレルギーや冷え症などになりやすい。こうした“現代病”が大人だけでなく子供にも増えた原因として、音楽も一端を担っているのではないかと考えています」

 和合教授によると、石川県の小学校で副交感神経に働き掛けるような曲を休み時間や放課後にかけたところ、子供たちが穏やかになったという。これは一例にすぎないが、音楽を流すだけのあまり費用や労力がかからない方法のため、試してみる価値はありそうだ。

 このほか、免疫力の向上やがん予防、認知症の進行抑制などの可能性があり、さらに自分が歌う「能動的音楽療法」では、歌うことで舌の筋肉が鍛えられ、誤嚥(ごえん=食べ物などを気管にのみこんでしまうこと)も予防できると指摘する和合教授。ただし、効果については「音楽療法は、いまある標準的な治療を補助する存在。例えば、病気にかかって落ち込んでいる人を元気にしたり、心を開いて治療を前向きに受けられるようにさせたり。また、がんの終末期医療や精神疾患の領域、痛みの緩和、不定愁訴など、現代の医療では対応しきれないケースで音楽療法は活躍できると思います」と述べている。(2013年5月10日:Medical Toribune)

おそらく多くの方が、これに該当するのでは?と思われる

「VDT症候群」。

液晶ディスプレイのような表示機器(VDT)を使用した作業を、

長時間行った時に生じる慢性的な肩こり・頭痛・不眠・視力変動のことで、

ひどくなると吐き気・めまいも生じる、と言われております。

今の世の中、

パソコン、携帯、スマホ、タブレット端末ありきの生活が

当たり前になっていますから、

どうしても目や脳を酷使しています。

だからといって、これらを使わない生活を送る、というのも

現実的には無理な話ですので、

せめて、目や脳を休ませることは積極的に取り組みたいものですね。
みなさん、相当疲労がたまっています。

「溜めこまないように」ということが、

とても難しい今の状況ですが、

確認事項として、こういう記事をどうぞ。


疲労の原因と改善方法

疲労とは、活力ややる気がなくなったように感じる状態のことである。

医療・健康情報を提供するウェブサイト、ADAM Encyclopediaによると、疲労をもたらす原因としては、激しい活動、ストレス、倦怠、睡眠不足など、さまざまな身体的、心理的要因が考えられるという。

同サイトでは、疲労を軽減させるために以下のことを勧めている:

・一貫した睡眠スケジュールを維持する。

・毎日十分に水を飲み、さまざまな栄養価の高い食品を摂る。

・定期的に十分な運動を行い、人付き合いや仕事の予定を詰め込みすぎない。

・ストレスをもたらすいかなる状況も、変えるよう努める。

・ストレスを緩和するため瞑想やヨガの利用を検討する。

・マルチビタミン剤の使用について医師に相談する。

・薬物、ニコチンおよびアルコールの使用を避ける。

(HealthDay News 3月29日)

未だ原因が特定されていない、慢性疲労症候群ではありますが、

認知行動療法や運動療法を標準治療と併用するのが効果的なのだそうです。


慢性疲労症候群には認知行動療法や運動療法の併用が効果的

慢性疲労症候群(CFS)患者に対し、標準治療と併行して認知行動療法(CBT)または段階的運動療法(GET)を行うのが最も有効であることが、英国の新しい研究で示された。今回の知見は、「身体的行動や精神的態度を追加的に調節することが慢性疲労症候群CFSの改善につながる」という議論の対象となっている考えを支持するものでもあるという。

CFSの標準的な治療法は専門家メディカルケア(SMC)と呼ばれ、疾患に関する情報、症状の管理に関する助言、さまざまな対処法による支援などの提供を軸とするもの。今回の研究では、患者が活動と休養のパターンを厳格に管理することに焦点を当てた適応ペーシング(調節)療法(APT)と呼ばれる治療法では、ほとんど利益が認められないこともわかった。英ロンドン大学クイーンメアリー校バーツ・アンド・ロンドン医学部教授のPeter D. White博士らによる今回の研究は、英医学誌「The Lancet(ランセット)」オンライン版に2月18日掲載された。

認知行動療法は、CFSを悪化させる行動の回避を目的とする治療法で、精神的抑制による悪循環を断ち切ろうとするもの。段階的運動療法は、徐々に患者の運動レベルを上げて体力を向上させることにより、疲労および身体障害を軽減させる治療法である。今回の研究では、英国の4カ所のリハビリテーションセンターに通うCFS患者641人を4つの群に割り付け、全群に標準的な専門家メディカルケア療法を行うとともに、3群には適応ペーシング療法、認知行動療法、段階的運動療法のいずれかの療法を併用した。

その結果、標準的専門家メディカルケア療法と認知行動療法または段階的運動療法を併用した群では、疲労レベルおよび身体機能の両面で最も大きな改善が認められたという。標準的専門家メディカルケア療法と適応ペーシング療法を併用した群では、標準治療単独群との差は認められなかった。標準/認知行動療法群または標準/段階的運動療法群では、患者の60%に疲労感および機能の改善がみられ、30%が疲労感および機能が「正常レベル」であると報告したが、標準治療単独または標準/適応ペーシング療法群で正常レベルであると報告したのは半数であった。どの治療も安全性は同等であり、重篤な反応はまれであったという。

米マイアミ大学ミラー医学部慢性疲労センターのNancy Klimas博士は「CFSのさまざまな治療法の利点については現在も議論が続いている」と述べ、White氏らが「認知行動療法および段階的運動療法は適度な助けとなるが治癒をもたらすものではない」と述べている点に同意している。また、「CFS患者はエネルギー量が極めて限られており、閾値(threshold)を越えると再発するのでその範囲内で治療に取り組まなくてはならない点に注意する必要がある」と同氏は指摘している。(HealthDay News 2月17日)



慢性疲労症候群についての研究報告は、こちらの記事も合わせてどうぞ。

 ・急性感染が慢性疲労症候群の一因
 ・慢性疲労症候群
 ・過度の関節柔軟性が慢性疲労症候群に関与
 ・慢性疲労症候群の犯人はエンテロウイルス
 ・慢性疲労症候群の最大の増悪因子は寒冷刺激
 ・レトロウイルスが慢性疲労症候群の原因の可能性
 ・慢性疲労症候群の警告サイン
 ・慢性疲労症候群とXMRVの関係に疑問符
 ・慢性疲労症候群にウイルスの関与を示す新たな証拠

まだまだ、原因が特定されていない 『慢性疲労症候群』。

今回は、ウイルスの関与を示すさらなる証拠が、新しい研究で

得られたそうです。


慢性疲労症候群にウイルスの関与を示す新たな証拠

慢性疲労症候群(CFS)にウイルスが寄与している可能性を示すさらなる証拠が、新しい研究で得られた。米国食品医薬品局(FDA)、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)、米国立衛生研究所(NIH)により実施された今回の研究では、1990年代半ばに米ニューイングランド地域で慢性疲労症候群患者から採取した血液検体を用いて、37人中32人(86.5%)の血液にマウス白血病(MLV)関連ウイルスの遺伝子配列を示す証拠が見つかったという。一方、健常人の対照群では44人中3人(6.8%)にしか検出されなかった。また、慢性疲労患者8人の新鮮な血液検体を検査した結果、7人にMLVの存在を示す証拠が見つかった。

米国慢性疲労免疫不全症候群(CFIDS)協会によると、米国では約100万人がCFSに罹患しているという。症状は、睡眠をとっても軽減せず、しばしば運動によって悪化する消耗性の疲労感が数カ月続くほか、関節痛、筋肉痛、頭痛、リンパ節の肥大、喉の痛みなどがある。同時に、CFSが「実在する」疾患であることを疑う考えも患者を苦しめている。

昨年(2009年)10月、別の研究チームがCFS患者の血液中に高い比率で、XMRV(異種指向性マウス白血病関連ウイルス)と呼ばれるウイルスがみられることを突き止めたが、その後の研究では同様の関連を明らかにすることができず、患者を混乱させていた。今回の新たな知見は、MLV関連ウイルスが実際に関与していることを示す重要な裏付けとなると、米国CFIDS協会のKim McCleary氏は述べている。

一方、今回の知見により新たな疑問も浮上している。一部の健康な人の血液にもMLV関連ウイルスがみられる点や、今回の研究で特定されたのは以前報告されたXMRVではなく、同じファミリーだが異なるレトロウイルスである点などを研究著者らは指摘している。この研究は米国科学アカデミー発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に8月23日掲載された。(HealthDay News 8月23日)



これまでにも、慢性疲労症候群についての報告記事を

いくつか載せておりますので、こちらもあわせてどうぞ。

急性感染が慢性疲労症候群の一因
慢性疲労症候群
慢性疲労症候群の犯人はエンテロウイルス
レトロウイルスが慢性疲労症候群の原因の可能性
慢性疲労症候群とXMRVの関係に疑問符