FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/09

来院者さんに睡眠の状態をうかがうと

ほとんどの方が、

「睡眠が足りてない」

「もっと寝たい」

とおっしゃいます。


本日の健康ネタは、

睡眠不足と情緒不安定についてです。


睡眠不足続くと情緒不安定=脳機能低下、うつ病など類似―精神神経センター

 1日に4時間半程度しか眠れない睡眠不足が5日間続くと、うつ病や統合失調症などの患者に似た脳機能の一部低下が生じ、情緒不安定になることが分かった。国立精神・神経医療研究センターの三島和夫部長や元村祐貴研究員らが健康な20代半ばの男性14人で実験し、米科学誌プロス・ワンに発表した。
 三島部長は「睡眠不足は蓄積されてひどくなるが、眠気や倦怠(けんたい)感に比べて抑うつや不安などの情動的な不安定は自分で気づきにくい。週末の『寝だめ』では回復しきれない部分があると考えられ、注意が必要だ」と話している。 
 実験は1日約8時間睡眠を、週の平日分の5日間続けた後と、約4時間半を5日間続けた後で比較。モニターに男女の恐怖の表情や幸せな表情などの画像を示し、機能的磁気共鳴画像装置(MRI)で脳の血流の変化を調べた。
 その結果、睡眠不足の場合は恐怖の表情を見たときに、情動と記憶を担う「扁桃(へんとう)体」と呼ばれる脳の部位が過剰に活動し、「腹側前帯状皮質」による抑制が弱くなることが分かった。扁桃体の過剰な活動を抑えられない状態は、うつ病などの患者と似ていた。
 扁桃体と腹側前帯状皮質のペアは脳の左右にあるが、特に左側で睡眠不足の影響が大きかった。左右の違いの理由は分からないという。(時事通信:2月14日)

久しぶりの睡眠ネタです。

因果関係はまだ証明されていないようですが、

長時間の睡眠により、痛覚感受性が低下することがわかったそうです。

ご参考にどうぞ。

長時間の睡眠で痛みに強くなる

睡眠時間が長いと、健常な成人では日中の注意力が向上し、痛覚感受性が低下することが、米ヘンリーフォード病院のTimothy Roehrs氏の小規模研究でわかった。研究論文は「Sleep」12月号に掲載された。

研究では、軽度の睡眠不足があるボランティア18人が4晩にわたり、通常の睡眠時間、または一晩10時間の睡眠時間をとった。長時間睡眠群の睡眠時間は通常群に比べ一晩あたり平均1.8時間長かった。その結果、毎夜の睡眠時間が増加すると、日中の注意力が増大し、痛覚感受性が低下した。

長時間睡眠群の被験者では、指を熱源に当てていられる時間が25%長かった。この時間の増加は、被験者が以前参加した研究で、鎮痛薬のコデイン60mgを服用し、同じ痛覚感受性検査を受けた結果よりも大きかった。軽度睡眠不足の人の痛覚感受性が長時間睡眠により低下することが示されたのはこれが初めて。今回と以前の研究結果は、睡眠不足が痛覚感受性を高めることを示唆している。

Roehrs氏は、「今回の結果は、さまざまな慢性疼痛、または待機手術における十分な睡眠の重要性を示唆している。コデインを服用した場合に比べて疼痛感受性の低下が大きいことに驚いた」という。今回の研究は長時間の睡眠と痛覚感受性低下の関連性を明らかにしたが、因果関係は証明していない。(HealthDay News 12月3日

学生時代、「睡眠学習」を実践したところ、

朝までぐっすり眠り、全く何も憶えていなかった、

という苦い思い出がありますので(笑)、

これは、出来るようになったらかなり嬉しいですね。


「睡眠学習」できるかも? 脳の仕組み解明、熊本大

 熊本大発生医学研究所の粂和彦(くめ・かずひこ)准教授(50)らの研究グループが、脳内で「睡眠」と「学習」が全く別の独立した神経回路で制御されていることを、ショウジョウバエを使った実験で明らかにし、14日付の米科学誌ネイチャーニューロサイエンス電子版に発表した。

 睡眠や記憶形成には、神経伝達物質ドーパミンが重要な役割を果たしていることが知られているが、ドーパミンが脳内のどの部位に働き掛けているかなどの詳しい仕組みは分かっていなかった。研究が進めば、眠りながら学習する「睡眠学習」ができる可能性もある。

 粂准教授は「睡眠中の脳への情報入力方法が開発されれば、高度な睡眠学習への道が開ける」と話している。

 粂准教授らはまず、ショウジョウバエの脳内にある「扇状体」と呼ばれる部位に、遺伝子操作でドーパミンの受容体を形成させた。すると、ドーパミンが作用して睡眠時間が減少したため、扇状体が睡眠中枢であることを解明した。

 一方で、記憶に関わることが知られている部位「キノコ体」に同様の受容体を形成させても睡眠には変化がなかったことから、睡眠と記憶は、それぞれ独立した神経回路で制御されていることが分かった。

 また扇状体とキノコ体は、それぞれ別の神経細胞から放出されるドーパミンに反応していることも、実験の結果判明した。(2012年10月15日 共同通信社)

本日は睡眠ネタです。

「ヒトの体内時計周期は25時間」というのも、

どうやら古いようで、この記事によると

標準型生活者の体内時計周期は平均24時間7分、

非同調型患者では平均24時間29分に延長していたようです。

この22分の延長は、たかが22分、されど22分で、

睡眠障害に深刻な影響をもたらすことが明らかになっていて、

異常な延長と考えられるようです。



睡眠障害、体内時計22分狂う
世界初、概日リズム睡眠障害患者の体内時計周期の異常延長を確認

 国立精神・神経医療研究センターは8月14日、非同調型の概日リズム睡眠障害患者の体内時計では1日の長さが平均で24時間29分と異常に延長していることを世界で初めて明らかにしたと発表した。夜型生活者の一部でも同様の異常を確認し、生活リズムが破綻しやすいハイリスク群であることも見出した。精神保健研究所精神生理研究部の三島和夫氏らの研究グループによる成果。

 概日リズム睡眠障害は、睡眠時間帯を社会生活に合わせることができず、本人の意思では治せない慢性疾患。明け方に寝て昼に目覚める「睡眠相後退型」と、睡眠時間帯が毎日約1時間ずつずれていってしまう「非同調型」がある。

 三島氏らは、非同調型患者、夜間生活者、標準型生活者の3群で、昼夜や時間を全く分からなくした隔離実験室内で14日間生活してもらう実験を実施。ホルモン分泌や体温リズムなどを測定することで、体内時計の周期を精密に測定した。

 結果、標準型生活者の体内時計周期は平均24時間7分であったのに対し、非同調型患者では平均24時間29分に延長していた。この22分の延長は、他のシミュレーション研究からも睡眠障害に深刻な影響をもたらすことが明らかになっており、異常な延長と考えられる。一方、夜型生活者の一部にも非同調型患者に匹敵する程の長周期を確認。実際に昼夜逆転に近い生活を送っていた。

 三島氏らは、「夜勤従事者が就労者の2割以上を占める現代の生活環境下では、体内時計周期が体質として長い人は睡眠リズム異常の大きなリスクを抱えている」と指摘。今回の成果を、概日リズム睡眠障害の診断やハイリスク者の同定、治療予後の判定に応用したい考え。現在、患者の体内時計の調節にかかわる遺伝子の機能を解析し、周期をより簡便に測定する方法の開発を進めているという。

 なお、「ヒトの体内時計周期は25時間」と言われるケースがある。これは古い方法での測定値で、誤りであると補足している。(2012年8月16日:m3.com)

昨夏にも、

サマータイムは不健康…睡眠学会が反対を提言へ

といった、サマータイムの効果について、疑問符のつくニュースを紹介しましたが、

疑問符というより、健康障害も起こり得るといった調査報告が国内外で報告されているようです。

ご参考にどうぞ。

「サマータイムで健康障害も」日本睡眠学会
最終報告を小冊子に、国民の理解求める

 欧米などで実施されているサマータイム(夏時間)制度は、夏季に時計を1時間進めて日中の時間帯を有効活用するというもの。近年、わが国でも導入の動きが出ているが、これに反対してきた日本睡眠学会は7月23日、小冊子『サマータイム―健康に与える影響―』を公表した。2008年に同学会が報告した「サマータイム制度と睡眠―最終報告―」を平易にまとめたもので、サマータイム導入がもたらす悪影響について、一般国民の理解を得るのが狙い。学会の特別委員会の本間研一委員長(北海道大学大学院客員教授)は、小社の取材に対し「サマータイム制度が問題なのは睡眠不足をもたらす可能性があるためで、早く起きるなら早く寝ることが必要」とのコメントを寄せた。なお、小冊子は学会公式サイトからダウンロードできる。

健康問題はほとんど議論されず
 サマータイム導入で起こる可能性がある健康障害として学会が指摘しているのは、(1)生体リズムへの影響、(2)眠りの質への影響、(3)眠りの量への影響―の3点。欧米に比べて国民の短睡眠化・夜型化が進行しているわが国がサマータイムを導入した場合、早寝が伴わず早起きのみが促されるため、睡眠や生体リズムに影響し、健康障害の拡大が大いに懸念されるという。

 例えば、サマータイム導入国のフィンランドでは、サマータイムに移行後、睡眠効率の低下や体重増加が認められ、通常の睡眠時間が8時間以下の短睡眠者では日昼行動の分断(集中力の欠如や眠気)が報告されている。

 昨年、ロシアがサマータイム制度を撤廃したが、その理由は移行期に心筋梗塞患者が増加するなどの健康障害が生じたためだ。また、移行期に生体リズムが急激に変化することで生じる体への影響は、子供や高齢者、患者などの健康弱者で特に大きいことがフランスの欧州連合(EU)上院議員団報告の中で示されている。

 こうした事実があるにもかかわらず、わが国にサマータイムを導入しようとする検討の中で、健康問題についてはほとんど議論されていないと学会は指摘する。

 そのため、学会はサマータイム導入に伴う健康問題を検討する委員会を設置。「サマータイム制度と睡眠」の中間報告を2005年にまとめ、08年に最終報告を発表した。同年6月には学会として制度の導入に反対する声明文を出すなど、これまで健康障害に対する議論の必要性を社会に訴えてきた。

「繰り上げ出勤」では4人に1人が睡眠不足に
 サマータイムとは、欧米で実施されている「daylight saving time」のことで、夏季に太陽が出ている時間帯を有効に利用することを目的に、ある地域(国)全体で一定期間時刻を一斉に変更する制度をいう。

 したがって昨年、わが国の一部の企業が実施した、時刻はそのままで始業時刻を早めたものはサマータイム制度ではなく、「繰り上げ出勤」と呼ばれるものであるが、実際には混同されていた。繰り上げ出勤の場合についても早寝が伴わなかったために、4人に1人が睡眠時間の短縮を実感していたことがインターネット調査で示されている。

 学会は、わが国の夏は夜になっても気温が下がりにくく、サマータイムを導入するならば早寝をどう可能にさせるかが大きな課題と指摘している。

 なお、厚生労働省の「人口動態推計2010」に上げられた日本人の死因10項目のうち、悪性新生物(がん)、心臓病、脳卒中、肺炎、不慮の事故(窒息、転倒、転落、水死など)、自殺の6つは睡眠不足との関連性が指摘されている。

「退社後の余暇が増える」は錯覚
 学会は、サマータイム導入は睡眠不足に陥る可能性が高いのに加え、睡眠軽視傾向にある日本人では睡眠不足に拍車が掛かることに言及。議論を通じて、国民全体で睡眠に対する関心が高まることに期待を寄せている。

 本間委員長は、小社の取材に対し次のように答えた。

 平易ではあるが、理屈をはっきりと述べたものを一般の人に読んでほしいと思い、小冊子『サマータイム―健康に与える影響―』を作成した。「サマータイム制度と睡眠―最終報告―」は議論の正確さを追求したため、専門的なところがあるだろう。平易さと不確実さは裏腹の関係にあり、小冊子で疑問に感じたところは最終報告で確認し補っていただければと思う。

 サマータイム導入による健康障害で一番多いのは、短期的なものだと睡眠不足とそれに伴う昼間の眠気。無理な早起きはやめて十分に睡眠を取ること、早寝を推奨し目覚まし時計がなくても起床できる状態に持っていくことが望ましい。もともと睡眠覚醒リズム障害のある人ではサマータイムによって症状が悪化したり、これを機に発症する可能性がある。健康障害の背後に睡眠覚醒リズム障害がないかどうかを調べるのも重要なことだ。

 サマータイムが問題なのは、睡眠不足をもたらす可能性があるから。サマータイムで「退社後の余暇が増える」というのは錯覚だ。1日は24時間しかない。早く起きるなら早く寝ることが必要。むしろ早く寝ることを心掛け、結果として早起きできるように持っていくのが理想的だ。また、早寝早起きを続けるには、同時に体内時計を進める必要がある。これには通常1週間ほどかかる。体内時計が元のままだと、早寝早起きをしても時計と睡眠のミスマッチで身体に負担が掛かる。(2012年7月27日:Medical Toribune)