FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/04

本日来院された20代男性。
6年前より、後頭部痛、めまい、肩こり、背部痛あり。
3年前『低髄液圧症候群』と診断され、ブラッドパッチによる治療。
その1年後、2度目のブラッドパッチ治療により、後頭部痛は消失するも、肩こりやめまい、全身のだるさは続く。
HPを見て当院を知り、車で2時間をかけ来院。
既往歴の後遺症か協調運動にも低下が見られたが、施術適応とみて施術。
神経的な調整刺激と脳脊髄液還流テクニックにより、症状が軽減し、また、回内回外テストなどの協調運動も著しく改善しました。
本人も「全身に血がめぐっている感じ。楽になった」と効果を実感して帰宅。

脳脊髄液の循環の低下は、痛み以外に脳神経症状や内分泌症状、免疫低下などの原因となりうることが指摘されています。
また、循環の減少は静脈の拡張を誘発し、静脈還流障害をきたす可能性も指摘されており、様々な不定愁訴についてもその関わりは容易に想像がつきます。
循環の低下は日常的な事柄が起因しているとも言われています。
今回の症例では明らかな既往がありましたが、脳脊髄液循環低下はそれほど珍しくない状態だと思います。
さらに追求していきたいですね。