FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/04

昨日の続き・・・
身体の振動という観点でいろいろ調べてみると、神経伝達は連続したものではなくて筋肉へ指令を伝達する際には
8~10Hzの振動があるようです。
臨床の中で筋を触診していたときに、不調のある筋に感じた「ピリピリ」、「ジンジン」とした感覚はこれだったんですね。
神経系の不調によって、筋のもつ微妙な振動にその周波数や強弱などの変化がおこっていると考えるのは難しくない
ですよね。
『波動』という言葉もよく聞かれますが、臨床で感覚的には感じていても、その表現自体には今まで少なからず抵抗感がありました。
しかし、このように考えてみるとその存在自体は確信できそうですね。