FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2005/07

胃がんで、胃の2/3を摘出している女性。
なかなか都合がつかず、1ヵ月ぶりの来院でした。
主訴は、左側の坐骨神経痛と首の運動制限。
坐骨神経痛は、梨状筋の絞扼障害によるもののようですが、梨状筋の緊張が、腹部の筋膜や肋骨の機能障害などからきてる様子。
梨状筋への対応で、症状はある程度緩和できるのですが、根本を退治しないとなかなか全快というわけにはいかないようです。
腹部への刺激は、圧痛も強く、本人も警戒心があるため、今日のところは、ほんの少しリリースしただけにとどめましたが、次回以降、腹部の筋膜りリースが勝負どころになりそうです。
腹部の緊張があっても、手術経験がない場合には、骨盤の調整である程度は解放できるのですが、今回は直接の刺激が必要となりそうです。
症状が解放されていく上で、必要な刺激でも、それが大きな負担になるような場合、どのように負担を減らすか、どのように施術効果をあげるのか、施術者の腕の見せ所になります。