FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2005/10

職場近くの病院で診察を受けるものの、症状は変わらず、マッサージに行ったものの変わらずということで来院。
左鎖骨の上部周辺から首の痛み、かばうかたちで左腰の痛みがあり、発症当初から鎖骨上部周辺にズキズキとした痛みと左腕の脱力感があったということです。
痛みの直接の原因は、左胸鎖関節の上方変位。
このような制限が起こった理由は、2週間前左腕を後方に引っ張られた瞬間があり、その際に胸鎖関節にダメージがいったようです。
元々肩こりもあったようですが、そちらは眼の疲労と首の筋群の支持バランスの乱れからきている様でした。
胸鎖関節の調整とアイシング、頸部の筋バランスの調整をし、症状は消失。
座り方のアドバイスなどをして終了となりました。

関節の機能障害による症状は、病院ではなかなか評価の対象にならないことが多いのです。
カイロや整体特有の目線でみると、病院では評価の対象にならないということで、見逃されてきた原因を探し出せたり、それが長いことくすぶっていたために、長引かせてきた症状が意外とあっさり軽減できたりするケースって、実は多いんですよ。