FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2005/10

定期的に来院されている男性。
「お酒を飲むと、のどや首の不調が強く出るようだ」とのこと。
体質的にお酒を受け付けない方っているものです。そういう方がアルコールを少量でも摂取すると首などの筋骨格系に緊張を生じさせたりもします。

そもそもお酒が強いかどうかは、アルコール脱水素酵素が多いか否かで決まります。(多いと酔いにくいタイプ)
また、悪酔いしないかどうか、二日酔いになりにくいかどうかは、アセトアルデヒド脱水素酵素という酵素が多いかどうかで決まります。(これまた多いと、二日酔いなどになりにくいタイプ)
いずれの酵素も多ければ多いほど、たくさん飲んでも平気、翌日もへっちゃらというタイプ、つまり「お酒に強い人」を作るわけです。

体内に入ったアルコールは、肝臓で分解されることは一般に良く知られています。
この肝臓でのアルコールの分解は2段構えで行われています。
アルコールは、まずアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドと水素に分解されます。
続いて、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸と水素に分解されます。
ちなみに、アセトアルデヒドは、そのまま放置されると頭痛、吐き気など悪酔い、二日酔い特有の症状を引き起こします。
ということで、アセトアルデヒド脱水素酵素が少ないタイプは、飲んだ翌日にしんどい思いをしやすくなるわけですね。
酵素の作用で酢酸と水素に分解された後、酢酸は、肝臓の外、具体的には筋組織や脂肪組織で二酸化炭素と水になります。
ここで、筋肉などに余計な負担をかけてしまい、その結果「なぜか体が痛い」というような状態になるわけです。
最終的に二酸化炭素と水は、呼気や尿として体外に排出されていきますが、このようなサイクルの中で、日本人にはアセトアルデヒド脱水素酵素が少なかったり、持っていなかったりする人が多いようで、そういう方が、アルコールを摂取してしまったときには、一挙に不調が押し寄せてくるわけです。

そういうわけで、この男性に簡易的なアルコールパッチテストやその他検査をやってみたところ、陰性。
アルコールが直接的に首の不調の原因ではなかったようです。
これで必要以上にお酒に対する恐怖心を持たなくてもよくなりましたね。めでたし、めでたし。

今日は私の誕生日。これからささやかではありますが祝杯をあげます。みなさん、くれぐれも飲みすぎにはご注意を・・・。