FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/11

『継続は力なり』って使い古された言葉のようですが、最近この言葉に魅かれています。
やり続けるって、ある種のしんどさがありますが、やり続けないと見えてこないものもありますしね。
ある方からの受け売りなのですが、世の中には「1万の法則」ってあるそうなんですね。
何かを成し遂げるにあたって、やり始めてから約1万時間であったり、1万人であったり、1万回であったりを継続した頃なんだそうです。
1万時間はゆうに越えているし・・・
1万回の施術回数は経験してきたし・・・
ということは、今後新たな何かが見えてくるのは、1万日なのかな。
まだまだ先は長いようです。

ところで、Dr.中松こと、中松義郎さんが「イグ・ノーベル賞」の栄養学賞を受賞されたそうな。
この賞は、人を笑わせる研究で科学への関心を高めた功績に贈られるものなそうで、受賞理由は35年間にわたり自分が食べたすべての食事を撮影し、食べ物が頭の働きや体調に与える影響を分析したというもの。(やはり1万日ですね)
これもまた『継続は力なり』といったところなのでしょうか。