FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2005/12

ストレッチには疲労回復効果、リラクゼーション効果などがあるといわれています。
さて、ストレッチをする際には、息を吐きながら行うというのが基本ですね。
適切なポジション(ポーズ?)にセットしたら、息を吐きながら筋肉を伸ばしていくということです。
身体がもともと固い、あるいは緊張が強くなったため伸ばしづらいというときには、息も吐きづらくなっているということにお気付きでしょうか。
息を吐ききるまでの時間が短いのです。身体の柔軟性が保たれてリラックスできている状態では、ゆったりと息を吐くことができますが、疲労があったりするとゆっくり吐くということが難しいのです。
ご自宅でストレッチをする際には、息を吐く長さにも注目しながらセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。