FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2005/12

睡眠

健康のためには十分な睡眠~質と量が満たされた睡眠~が必要なことは周知の通りかと思います。
そんな中で、睡眠に関する研究も多数行われていて、その時々で流行りもありましたよね。
「ナポレオンは3時間しか寝ないで、云々」に代表されるような、一時の短時間睡眠ブームは少し落ち着いたのかな~という気もしますが、身体のために有効な睡眠をとるということは、実際にはなかなか難しいものです。
2003年に米国で行われた調査によると、平均睡眠時間が5時間以下の人は、8時間眠っている人に比べ、狭心症や心筋梗塞などの発症率が約1.5倍、不眠症の人とそうでない人と比べて、うつ病を発症するリスクは3.5倍も高かったなどの報告もあります。
そのほか多くの調査報告を検討してみると、短時間の睡眠よりはある程度の時間を確保できている方が、好ましいといえます。
脳(神経系)のための睡眠と身体の回復のための睡眠とでは、必要な時間もことなりますから、可能な限り6~8時間前後は確保しておきたいものです。
量と質そろうことが勿論大切ですが、質を求めるプロセスとして量を満たしてみる事もいいのでは。

不眠で悩む方の施術をする機会が多いのですが、なかなか寝られないと言う方も施術中はグーグーと言うケースって実は多いんです。
「不眠なんです」とお悩みの方も、寝ることそのものが出来ないのではなくて、就寝や起床のタイミングだったり、睡眠の時間だったりがコントロールできていないということが、その悩みの本質なのではないかと感じています。
睡眠時間も必ずしも連続したものではなく、「つぎはぎ睡眠」でもそれなりの健康効果はあるという報告もあります。
トータルでの量で睡眠を確保してみることも方法の一つですよ。
自分の意思でコントロールしようとすることは、食欲や性欲などをコントロールすることと同じように非常に難しいことですし、かなりのストレスになりますから。
「寝ること」をコントロールできなくてもあまり心配いらないと思いますよ。