FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2005/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/02

読売新聞の記事より。

魚を週に8食食べる人は、1食しか食べない人と比べ、心筋梗塞(こうそく)を発症する危険度が60%近くも低いことが、厚生労働省研究班の大規模調査で分かった。
 同研究班が岩手、秋田、長野、沖縄県内に住む40~59歳の男女約4万人を対象に、1990年から約11年間追跡調査し、魚の摂取量に応じて5グループに分けて比較した。摂取量が週1食(1日当たり20グラム)程度の人たちと比べると、週5食(同110グラム)程度食べるグループは30%、週8食(同180グラム)程度では57%も発症リスクが低かった。
魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸が含まれ、食べた人の血管を詰まりにくくする効果がある。研究班の磯博康・大阪大教授によると、EPAやDHAはアジ、イワシ、サンマ、サバなど脂肪の多い青魚に豊富に含まれているという。


食生活が大事ということは、十分すぎるぐらいにわかっていますが、実際に習慣化することは、本当に難しいですよね。
すぐに結果が出てくるわけではないですから。


「健康は一日にしてならず」といったところでしょうか。


ある方からの受け売りなのですが、「今の世の中、何でも手に入る時代になった。だからこそ、時間をかけないと手に入れられないものの価値がものすごく高くなっている。それは健康しかり、美容しかり。」

その通りですね。

とくに、人間の心身は急激な変化には対応できませんし、無理は副作用的に身体にダメージを与えますから。


世の中のスピードが速くなっているからこそ、われわれの身体がもつ「緩やかに反応する」、「時間をかけて適応していく」ということのもつ意味をもう一度見つめなおす必要があるのでしょうね。