FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2006/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2006/03

携帯でのメールのやり取りは、もはや日常化していますよね。

これは、日本にとどまらずイギリスでも同じようです。

現地時間21日、イギリスの携帯電話会社、ヴァージン・モバイル社は、携帯メールの打ちすぎで指の痛みなど「反復運動過多障害」(RSI)を患う人がイギリスだけで年間380万人に上ることを発表したそうです。
同社の調査によると、イギリスでは約12%の人が1日当たり1~20通の携帯メールを発信しており、10%の人はそれ以上、多い場合は100通を打ち込んでいる。このため、同じ動作の繰り返しすぎでRSIとなり、指や手首にしびれ、痛みを感じる人が増えているということのようです。

私自身は、これだけの件数をメールすることがないのですが、友人の中には、「それって、RSIなのでは?」というものもいましたから、意外と身近な問題といえますね。

また、このRSIは携帯メールに限らず、パソコンの過度使用でも起こりうるそうです。
デスクトップ型よりもノートパソコンの方が、肩や腕にかかる負担も大きいようで、使いすぎによって痛みやしびれなどの症状が引き起こされます。

RSIに関して医学的には、特効薬的な治療はないとされ、「休めることで回復を待つ以外にない」という見解がなされています。

とは言うものの「休めと言われても仕事上無理!」という方も多いはず。
セルフケアの方法などは、医療機関を中心に紹介されてはいるようですが、こういった使いすぎによる症状ってカイロの得意分野なんですよ。(ちょっとだけ宣伝)

携帯やパソコンのヘビーユーザーの方々、くれぐれもご注意を。