FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2006/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/04

脊柱管狭窄症の診断を受けて、それ以後定期的にブロック注射を打っていた女性が来院。
症状は、左肩痛、両側の膝の痛み、左下腿部の痛み・違和感などなど、長年つらい日々を過ごされてきたことがわかるという状態。
状態としては特に、左下肢の筋力低下が著しく、そこが左下腿や膝に影響している様子。
L4~S3支配の筋群がすべて使い切れていませんでしたので、使えている他筋群への負担が増すのもうなずけます。
足指は屈曲―伸展があまり機能できていないので、足首の運動にかかわるような筋群が代償。といってもこれらも筋機能の低下があるので、限界の状態でかばっていました。ここまで、筋バランスが悪いのも脊柱管狭窄症(もしかしてブロック注射?)の影響なのでしょう。このバランス改善は骨が折れそうです。
右足は8年前に傷めた経緯があり、それが再発したと思われる状態。
本日は左肩と症状がより強かった左膝、左下腿部の症状回復を集中的に行いました。筋力低下の回復がまだ不十分でしたが、膝の屈伸での左膝痛は軽減。右は残ってしまいましたけど。
多少、回数はかかりそうですが、本日の施術反応からは、かなり軽減できそうな手ごたえがありましたので、その旨を伝えて本日は終了。
遠方からの来院のため、集中的な施術が困難ですが、月に2回ぐらいは来院できそうとのことでしたので、早期回復めざして取り組みます。