FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
今年4月から疾患別にリハビリの日数制限が設けられ、最大180日でリハビリ医療が打ち切られることになったそうです。
これは、例えば私達が、骨折や脳卒中になって、リハビリが必要であっても、日数だけで機械的に打ち切られるというもののようです。
それは、まだリハビリが必要な状態であってもというものなんだそうです。
これまでは、医療機関で、保険診療として無期限に受けられたリハビリテーションが、一部の疾患をのぞき、上限期間を過ぎると打ち切られることって、単純に心配だなーなんて思ってしまうわけです。
自分がリハビリを続けたいと思ってもそれができなくなるし、また、医師が「必要あり,効果あり」と判断しても、それすらも認められなくなるということですから。
この期間を過ぎてしまったら、あとは、自費ということなんですよね。(介護保険を使って、自宅で訪問リハビリを受けるという方法もあるようですが)

ちなみに、上限日数は以下のようになっているそうです。
脳血管疾患等リハビリテーション (180日)
運動器リハビリテーション (150日)
呼吸器リハビリテーション (90日)
心大血管リハビリテーション (150日)

確かに、定められた上限で、リハビリテーションが十分だという人もたくさんいるとは思います。(そのあたりは、それなりの基準に従って設定されているのだとは思いますが・・・)
でも、リハビリテーションを本当に必要としている人が、上限日数以内に、回復できない事だってあるんじゃないでしょうか。

そもそもリハビリテーションは、予想される障害の進行をあらかじめ予防したり、現在の障害を軽減させて、患者さんがより良い社会生活をおくることができるようにするといった重要な役割を担っています。

このような制度改正って、いかがなものなのでしょうか。