FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
体がかたくて・・・
という来院者の方との会話から。

通常私たちは、身体がかたいという状態を「関節の動きの制限」と「筋肉の伸張性の低下」の2つのポイントで評価します。
来院される多くの方の認識としては、
        身体がかたい=筋肉がかたい
という感じが多いようですが、筋肉がかたく緊張し、柔軟性が低下した身体というのは単純に筋肉のみの問題ではなく、関節の動きの制限もともなって起こっているものなのです。

ということで身体の柔軟性を回復させるためには、やみくもに筋肉のみをストレッチするのではなく、関節の可動制限を解放し、関節可動域をその方にとっての正常な状態に戻す、ということが必要になります。

具体的には、関節を構成する関節包の緊張を解放することになります。
関節包が緩めば、関節機能を抑制している神経系の緊張信号が解けます。
すると、関節包の緩みとともに、関節を支持している筋肉の緊張も解けてくれます。
この段階で、関節包とそれをとりまく筋肉の緊張が、解放されますので、ある程度の関節可動域の改善は達成されますから、ここから筋肉そのものと、筋肉を包む筋膜をリリースします。

筋肉そのものの反応時間と筋膜の反応時間は異なりますから、ストレッチなどにはちょっとした工夫が必要になりますが、ここまでの手順を確実にこなしていけば、確実に身体の柔軟性は、取り戻せます。

身体は硬いより、柔軟な方がいいですからね。
無理せず、少~しずつ柔軟性を回復していきましょう。
そして、いつまでも、しなやかな身体で過ごしたいものですね。