FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

副腎

定期的にメンテナンスで来院されている方なのですが、本日は背中のハリが気になるとのこと。
う~ん、これは副腎に負担が来ている様子。
だいぶストレスを感じた1ヶ月だったようですからね。

副腎とは腎臓の上にある、親指ぐらいの大きさの臓器です。
副腎は、副腎皮質ホルモンと副腎髄質ホルモンと言う、 非常に大事なホルモンを出しているところです。

強いストレスにさらされると、その副腎が、ストレスで弱るということが起こります。
ヒトはストレスを感じると、抗ストレスホルモン というホルモンを副腎から分泌します。
抗ストレスホルモンを出して、ストレスから身を守ろうとするんですね。

副腎から分泌されるホルモンにはいくつかありますが、その貯蔵量は決まっています。
もちろんその量は個人差がありますが、無限ではありません。
ある一定期間ストレスにさらされ続けていると、副腎ホルモンが枯渇状態になり、ストレスに抵抗できなくなります。

副腎で一日に作られるホルモンの量は決まっていますから、ストレスがかかって、抗ストレスホルモンを分泌し続けると、需要と供給のバランスが崩れるわけです。
そんな中に更にストレスがかかると、様々な不調が出現してくるのです。


自分で出来る対策としては、休むこと、寝ることが一番です。
出来れば8時間ぐらいは横になるなり、睡眠をとるなりして、「骨休め」させたいものです。
このようなときの無理が、一番身体にはこたえますから。

背中と腰の境目あたりに強張りを感じたら、警告信号です。
無理をしないで、心身を休めましょう!