FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
本日来院された女性。
2ヶ月前から腰痛がひどくなり、病院での診断は「椎間板ヘルニア」とのこと。
症状は、右殿部からふくらはぎにかけての痛み。
来院前に、メールでの相談を経ての来院でしたので、メールで確認できなかった部分を中心にお話をうかがって、検査に入りました。
屈曲動作は、痛みも無く可能。
座っていることで症状の強まりがあるとのこと。
ヘルニア部分へ症状誘発テストを実施するものの、特に反応も無く、今回の痛みとヘルニアとの関連は直接的には???
右中殿筋に右臀部への関連痛を誘発するトリガーポイントあり。
右梨状筋からは、左腰部とふくらはぎへの関連痛。
右仙腸関節に機能障害あり。

全体的な筋バランスの改善ののち、トリガーポイントをリリース。
殿部からふくらはぎにかけての痛みは、ほぼ解消。
腰部全体の重ダルさが少し残ったようですので、次回はそれの解消を予定しています。

画像でヘルニアがあることと、現在ある痛みとはイコールではないことは多いものです。
これは、多くの研究でも指摘されていることですが、なかなか浸透していないようです。
このことを知っているだけで、救われる方も大勢いると思うのですが・・・