FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
食生活が大切であるという事は、誰もがわかっていても、なかなか上手くいかないもの。

食物繊維少ないと危険 大腸がんリスク2・3倍

 穀物や野菜などに含まれる食物繊維は、1日10グラムを超えて取っても大腸がんの予防効果に差は出ないが、摂取量が少ないと発症の危険性は2・3倍に高まるとの調査結果を、厚生労働省研究班が20日発表した。
 同様の結果は欧米でも出ており、適度な摂取が健康維持に大切との見方を裏付けた。厚労省は生活習慣病予防などの観点から大人で15-20グラムの目標を掲げているが、大腸がん予防だけなら10グラムで足りるかもしれないことを示した形だ。
 大谷哲也群馬大助手(公衆衛生学)ら研究班は、新潟県、大阪府など9地域で、40-69歳の男女約10万人を1990年から最大12年間追跡。95年以降に大腸がんを発症した522人で、食生活との関連を詳しく調べた。
(共同通信) - 7月20日


しかし、いくら身体にいいものとはいえ、摂り過ぎは禁物。
食物繊維は、過剰摂取すると下痢の症状を引き起こしてしまい、必要なミネラル分まで排出させてしまうので、注意が必要ともいわれています。
 
適量をきちんと、ですね。