FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2006/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2006/10

本日の注目記事より。


昨年人間ドック受けた270万人、88%に何らかの異常

 日本人間ドック学会(奈良昌治理事長)は9日までに、2005年に人間ドックを受けた人の約88%に何らかの異常が見つかった、とする調査結果を公表した。
 集計を担当した笹森典雄・牧田総合病院付属健診センター院長は「このうち70%くらいは医療の必要がなく、生活習慣を変えるだけで改善できる」と話している。

 調査は、同学会などが指定する全国の病院や施設で人間ドックを受診した約270万人が対象。「異常なし」は12.3%で、87.7%の人で何らかの異常が見つかった。04年と全く同じ結果だった。

 異常があった項目で最多は肝機能異常で26.6%、これに高コレステロール、肥満が続き、生活習慣に関係の深い項目が目立った。

 また、がんが発見されたケースは5887件あり、内訳は胃がん31.7%、大腸がん18.1%、肺がん9.1%など。胃がんの割合は20年前の調査に比べ半減した一方で、前立腺がんや乳がんが増加した。〔共同〕



生活習慣に関連した異常が多いようですが、これじゃ~まさしく国民総不健康時代ですね。

疾患の早期発見、早期治療、それから予防という観点からすると、人間ドックは必ず受けるべきものでしょうが、疾患予備軍と言うべき状態の方は、何か宙ぶらりんのような、数値のみが一人歩きしてしまっているような、そんな印象も受けます。

数値が正常範囲内に落ち着いていることが、健康の全てではないと思いますし。

生活習慣病の類は、自分自身で不健康な状態に陥れていると言われればそれまでですけど、現実に「半病人」といわれる状態の人間が増えているわけですから、検査によって健康への不安感だけをあおってしまうのではなく、心身ともに健康な方向へ向かっていけるようにしていかないといけませんね。

言うほど簡単じゃないのはわかっているんですけど・・・