FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
心のあり方、情動は身体機能に影響します。
ココロとカラダはつながっていますよ、っていうことをハーバードが研究するとこんな感じです。

敵意の強い男性で肺機能が低下

〔ニューヨーク〕 ハーバード大学(ボストン)公衆衛生学部のLaura D. Kubzansky博士らは,米国Normative Aging Studyに参加した670例の男性を調査し,怒りや敵意を表す人はそうでない人に比べて肺機能の低下が著しいとThorax(2006; オンライン版)に発表した。

免疫反応弱体化の原因に
 Kubzansky博士は,敵意の度合をCook-Medley Hostility Scaleというスコアシステムを用いて1986年の研究開始時に,男性(670例,年齢45~86歳,平均62歳)を対象に調査したところ,敵意のスコアは 7 ~37で,平均はおよそ18.5であった。平均 8 年フォローアップし,別々の機会に 3 回肺機能を測定した。
 その結果,敵意スコアの高い群は,3 回の測定ごとに肺機能が悪化し,敵意スコアの低い群に比べて 1 秒量が毎年 9 mLの割合で低下した。
 同博士によると,敵意スコアの高い群は正常な加齢に見られるよりも肺機能スコアが低かったが,以前から敵意は心血管疾患,喘息,死亡と関連していることがわかっていた。
 同博士は「敵意は神経系とホルモン系の正常なプロセスを阻害するため,免疫反応の弱体化の原因となる」としている。実際,感情やストレスが症状の重症度,頻度,再発の強さに全く関係のない疾患は珍しいという。
 また一方で,敵意スコアの高い男性に見られる肺機能の低下は,人格や生理機能の変化など加齢による他の要因にも関連する可能性もあるとしている。
Medical Tribune[2006年11月23日 (VOL.39 NO.47) p.55]



もちろん、他の要因が関連している可能性があるにしても、敵意むき出し率が高いと、それだけで健康を害しそうですものね。

臨床的には、ココロとカラダの関係から、その方にとって、特定の情動が引き金となって、身体的な不調が現れるケースもあるんですが、その事実は、本人にはなかなか伝わりません(悲)

こういう研究、もう少し集まってくれないかな~