FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
整体院のブログで、マッサージについての記事を取り上げることには、いささか抵抗がありますが、今回取り上げたのは、マッサージはいいぞ!ということではなくて・・・なんです。


膝関節炎の痛みをマッサージで緩和

マッサージには、リラックス効果だけではなく、膝変形性関節症(OA)患者の痛みを和らげ、機能を回復させる効果もあることが、米医学誌「Archives of Internal Medicine」12月11日号掲載の研究で明らかにされた。加齢が関与するOAは、軟骨の進行性の変性が原因の疾患で、米国で最も一般的な関節炎。

従来の治療法は、薬物療法、運動、温熱・寒冷療法、コルチコステロイド注射、外科療法など。しかし、OAに使用される薬剤には問題が多く、アスピリンなど非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は胃腸に深刻な影響を与える。これら副作用回避のために開発された、VioxxなどのCOX-2阻害薬は、現在では心血管系に有害な影響を与えることが明らかになっており、市場から排除された製品もある。

今回の研究では、膝OAの患者68人が、研究開始時からスウェーデン式マッサージを受けるマッサージ群と、その8週間後にマッサージを開始する対照群に無作為に割り付けられた。患者はそれまで行われていた治療や治療薬の服用を続けながらマッサージを受けた。マッサージ群は、最初の4週間は1週間に2回、1時間の施術を受け、その後4週間は週1回受けた。

研究開始8週間後、マッサージ群の患者では柔軟性と可動域が改善し、痛みが軽減した。対照群の患者は、8週間後にマッサージを開始するまで症状に変化はなかった。その後9~16週目までのマッサージ期間には、最初のグループと同様の改善が認められた。マッサージ期間終了後も効果は持続していた。

研究著者で米エール大学(コネチカット州)医学部予防研究センター長のDavid Katz博士は「喜ばしい結果だ。しかしこれは試験的研究であり、検討期間が短く被験者も少ない」という。同博士らは、研究結果を確認し、マッサージが薬物療法など現在の治療法の代替療法や補助療法になりうるか否かを見極めるため、より大規模な研究を行う予定。また、現在、マッサージの価格を調査中で、マッサージをこうした疾患の正当な治療法として保険会社の理解を得たいとしている。
(2006年12月11日/HealthDayNews)



マッサージは、主にどこにアプローチしますか?
そうです、筋肉です。

今回取り上げた理由は、膝変形性関節症の患者さんに対して、変形している関節そのものではなくて、筋肉にアプローチしたら痛みや可動域も改善できちゃったから。


変形なんて怖くない!

年のせいだからあきらめる?

たとえ変形していても、痛みとサヨナラする方法はあるんです。


当院は、マッサージ屋さんではありませんので、「マッサージがオススメ!!」とは素直に言えないところもありますが、変形性膝関節症と診断された方々の訴える痛みには、整体・カイロ的なアプローチも有効なんですよ。

整体もお試し下さい(ちょっと宣伝)