FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
「脳トレ」という言葉が流行っていますが、そういう時代を象徴する話題です。


脳エクササイズ宣言

新年に、体を鍛えると誓う人は多いが、米国加齢研究同盟(Alliance for Aging Research)は、脳の健康促進も推奨し、以下のポイントを助言している。

脳の健康促進法10カ条:

・ 脳の健康に良い食事を摂る:オメガ-3脂肪酸、蛋白(たんぱく)質、抗酸化物質、果物や野菜、ビタミンBを豊富に、トランス脂肪酸を抑え、炭水化物を適量摂取して脳の健康を保つ。

・ 精神を活発に保つ:新しい技術や言語を学ぶ、クロスワードパズルをする、授業を受ける、ダンスを習うことで精神機能を鍛え、維持する。

・ 定期的に運動する:運動は血液循環や協調運動を向上させ、認知症リスクである心疾患、脳卒中、糖尿病などを予防する。

・ 社会性を維持する:友人に会うことや、ボランティア活動や旅行で精神を活発にし、健康を保つ。

・ 十分な睡眠を取る:睡眠不足は脳の健康に悪影響を与える。

・ ストレスを管理する:ヨーガをする、友人に会う、その他のストレス解消活動をして、記憶・学習能力を維持する。

・ 脳傷害を回避する:ヘッドギアやシートベルトなどで頭部損傷を避ける。

・ その他の健康を管理する:健康的な体重を維持し、運動をし、栄養バランスのよい食事をし、ストレス管理をして脳に影響する疾患リスクを軽減する。

・ 不健康な習慣を避ける:喫煙や深酒、レクリエーションドラッグなどは認知症や認知力低下のリスクを上昇させる。

・ 遺伝的要因を認識する:家族の病歴により、認知症の発症リスクがあるならば、医師と一緒に認知力低下を防いだり、遅らせる方法を探る。
(HealthDayNews 2007.01/01)




脳の健康は、心の健康。
心の健康は、脳の健康。

脳の健康は、体の健康。
体の健康は、脳の健康。

すべて、つながっています。