FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
たかが頭痛とあなどるなかれ。

頭痛もちの女性はうつ病になりやすい

米国では推定1,800万人の女性が頭痛もちであるが、慢性頭痛の女性はうつ病のリスクが高いとの研究結果が、米医学誌「Neurology」1月9日号に掲載された。
この研究は、米国5州の頭痛外来を訪れた女性患者1,032人を対象に実施されたもの。このうち593人が月15回未満、439人が月15回以上の頭痛があると申告しており、対象者の90%が片頭痛と診断された。
慢性的な頭痛のある患者では、時々頭痛のある患者に比べ、大うつ病の症状を訴える確率が4倍高かったほか、低エネルギー、睡眠障害、吐き気、めまい、性交痛ないし性交困難のほか、腹部、腰、腕、脚、関節の痛みなど、頭痛に関連する症状を訴える確率が3倍高かった。
研究を行った米Toledo大学(オハイオ州)のGretchen Tietjen博士によると、慢性頭痛患者にみられる痛みを伴う身体症状は、大うつ病の原因となることもあれば、それ自体が大うつ病の徴候であることもあるという。
生活に支障を来す重度の片頭痛と診断された女性患者が、別の重篤な症状を併せて訴えた場合、大うつ病リスクは32倍であった。「片頭痛とうつ病を結びつけるものが何であれ、うつ病のような精神疾患は頭痛の管理を困難にするものであり、経過を悪化させるものである」とTietjen博士は述べている。
(HealthDayNews 2007.01/08)



日常生活への支障はかなりのもの。
頭痛は、ココロの健康を奪い、カラダのいたるところに症状を引き起こします。

頭痛をあまく見ないこと。