FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
本日の注目記事より。


「サプリメント」の安全性確保、有識者会議で協議へ

 健康ブームを背景に多種多様な商品が出ているサプリメント(栄養補助食品)などの健康食品に関し、厚生労働省は、安全性をどう確保するかについて検討する有識者会議を4月に設置することを決めた。

 同省では食品衛生法の改正も視野に入れており、食品に含まれる成分の届け出の義務化の是非などについて有識者会議で協議する。

 検討対象となるのは、国の審査を経て効能表示を認めた「特定保健用食品」や国の基準に合えば栄養分の機能が表示できる「栄養機能食品」に含まれない、法令上、一般食品と同じ扱いを受けている健康食品。これらの食品の国内の市場規模は健康ブームとともに拡大、2000年には1・3兆円(推計)あり、10年には3・2兆円に達すると見込まれている。 (2月12日 読売新聞)


サプリメントは、厚生労働省が監督していますが、それはあくまで「医薬品」ではなく「食品」という扱いになっています。
そのため、医薬品としても存在するサプリメントについては、原則医薬品の分量を超えないようにという指導もメーカーなどにはしているようですが、これまで曖昧にされてきたようです。
こうした背景の中、「サプリメント依存」や「サプリメントの過剰摂取」などについてが問題となってきました。
生活習慣病の予防・改善やアンチエイジングなどに関心が高まる中、機能性健康食品であるサプリメントは、今後も大いに注目されていくと思われます。
安全かつ効果的にサプリメントを使用していくためにも、早期に安全基準の設定や法的な整備など望まれますね。