FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
上手く昼寝したときの、あの爽快感はたまりません。
一日が二日分に感じられたりもしますし・・・

心臓病の良薬は昼寝=ストレス解消効果

【シカゴ12日】米欧共同の研究で、心臓病の予防には昼寝が一番良いことが分かった。午後のひと時に少しでもうとうととすることでストレスが消え、心臓病によって死亡する危険性が大きく減るものと考えられている。
 研究は6年間にわたって、20-86歳の2万3000人を上回るギリシャ人の男女を対象に行われた。それによると、毎週、少なくとも合計3時間30分の昼寝をする人は、昼寝をしない人よりも心臓病で死亡する率が37%低かった。働いている男性に限れば昼寝の効果はさらに劇的で、毎日もしくは時折にでも休憩時間を取って眠っている人の心臓病による死亡率は、そうでない人に比べて64%も低かった。働く女性の場合は、データが不十分ではっきりとした結果は出せなかった。
 研究者は、おそらくストレスを解消する作用がある昼寝の効果で、心臓発作が減るのだろうと分析している。シエスタ(午後の昼寝)をする習慣のある地中海諸国やラテンアメリカの諸国では、冠状動脈性心臓病の率が低いことが知られている。
 研究はアテネとボストンの大学の共同で行われた。〔AFP=時事〕


ストレスでも疲労でも、ためずに速やかに解消することが一番!!
昼寝は、それをもっとも効果的に行える方法なのかもしれませんね。