FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
今年は暖冬のせいか、冷え症について話題になることは少なかったように思いますが、冷え症はもはや国民病とも言うべき状況にあるようです。


冷え性:20~30代の8割が自覚 「ライオン」が働く女性対象にネット調査

 20~30代女性の約8割が冷え性と自覚し、約6割が冬の寝付きの悪さを感じている--。ライオンが行った調査で、若い女性が冷え性に悩む姿が浮かび上がった。それぞれ、湯船につかるなどの工夫をしているが、冷え性を解消できるまでには至っていないようだ。調査は昨年12月、20~30代の仕事をしている女性200人に、インターネットを通じて行った。

 「自分を冷え性だと思いますか」の問いに対して79%(158人)が「思う」と回答。「冷え」を感じる季節(複数回答)は冬(99%)が最も多かった。「冬の冷えで困る時」(同)については、「布団に入って寝付くまで」(61%)がトップで、「帰宅時」(39%)「夜、入浴前まで」(38%)の順だった。

 「冷え性だと思う」と回答した女性の83%が「冬は湯船につかる」と答えた。だが、約6割の女性が「寝付きの悪さ」を訴え、約4割が「夜中の目覚め、グッスリ感のなさ」を週1回以上感じていた。

 入浴から寝るまでの時間は、1年を通じてほぼ変わっておらず、同社は「冬は入浴後早めに寝ないと手足が冷えるので、せっかく入浴しても効果が出ていないのではないか」と話していた。
(毎日新聞 2007年2月14日)



冷えを感じる際に多くの場合には、身体が冷えてしまっているケースのみを想定してしまいますが、風邪の悪寒のように、熱がこもっている場合の反応として冷え感を感じる場合もあります。
状態によって、アプローチは変わりますので、適切な対策を心がけましょう。