FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
痛みを即効的に軽減させるために、鎮痛剤を常用してしまっている方も多いようです。
仕事があるからどうしても手放せないという声もよく聞きます。
定期的に服用されている方、こんなリスクもあるようですよ。


鎮痛薬の定期的使用が高血圧の発症リスクを高める可能性が

 鎮痛薬の定期的使用が高血圧の発症と関係している可能性があると,米ハーバード大学のグループがArchives of Internal Medicineの 2 月26日号に発表した。
 ベースライン時に高血圧の既往のない男性医療従事者 1 万6,031人を対象に,鎮痛薬と高血圧発症リスクとの関連を調べた。ベースライン時と 2 年後にアセトアミノフェン,非ステロイド抗炎症薬(NSAID),アスピリンの服用について詳細な情報を収集し,計 4 年間追跡した。
 追跡期間中に1,968人に高血圧の発症が認められた。複数の交絡因子を調整後,アセトアミノフェンを週に 6 ~ 7 日服用していた群は,非服用群と比べ高血圧発症の相対リスク(RR)が34%高かった(P=0.01)。同様に,NSAIDまたはアスピリンを週に 6 ~ 7 日服用していた群では,それぞれ38%(P=0.002),26%(P<0.001)高かった。また,1 週間に服用する錠剤の数が高血圧発症リスクと強く関連する傾向が見られた。
 同グループでは「鎮痛薬が広く使用されていることと高血圧の高い有病率を考えると,この結果は公衆衛生上,重要な意味を持つ可能性がある」と指摘している。
Forman JP, et al. Arch Intern Med 2007; 167: 394-399.
[Medical Tribune 2007年3月15日 (VOL.40 NO.11) p.23]


鎮痛剤に関する他の報告では、長期的な服用でカラダの冷えや血流低下のリスクも言われています。
医師の処方で服用する場合はいいとしても、自己判断で安易に鎮痛剤を服用するのはちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

「痛くなりそうだから予防のために鎮痛剤を」

という飲み方をされている方も実は多いようです。

痛みはカラダの警報装置。
何に問題があって警報がなっているかを鑑別せずに、警報が鳴りそうだからとか、しつこいしうるさいからと言ってただその警報のみを止める行為は、よくないですよね。