FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
男性ホルモンが少ないと言われると、なんだかションボリしそうです。

頑張れ!40~50代!!

負けるな!働き盛り!!


元気ない40~50代、男性ホルモンは60代より少なく

 一般に年齢とともに低下するとされる男性ホルモンの量について、日本人サラリーマンを調べたところ、働き盛りの40~50歳代の中年層で最も低下しているとの意外な結果が出た。
 男性ホルモンはストレスの影響を受けやすいと言われており、調査した帝京大病院(東京・板橋区)泌尿器科の安田弥子(みつこ)講師は、「仕事でのストレスが男性の活力を失わせているのではないか」と話す。国際メンズヘルス学会誌に近く掲載される。
 20~30歳代、40~50歳代、60歳代以上の3世代に分けた健康な男性81人を対象に、活性型男性ホルモンの指標になる唾液(だえき)中のテストステロンの量を測定。一日のうちでも変動が大きいことから、2時間おきに唾液を採取してもらい変化を調べた。

4月25日 読売新聞



何かとストレスが強くかかる年代なんでしょうね。
仕事でも相応のポストに就いて、責任も重くなるでしょうし、子育てでもお子さんが思春期を迎える時期であったり・・・

ここ最近、男性の更年期について、いろいろといわれたりもしますが、ストレスケアを十分に行えれば、ある程度は抑えることが出来るようです。

それにしても、60代の団塊世代、そしてその上の世代はタフだな~という印象を常々持っていましたが、こんなところにもあらわれていましたね。