FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
まだまだ詳細にわたる研究が必要なようですが、セルフチェックの一つとして憶えておいた方がいいかも。

においが分からなくなるのはアルツハイマー病の前兆か=米国の研究

【ワシントン2日】2日公表された米シカゴの大学医療センターの医師たちの研究結果から、においを識別する能力の低下が、アルツハイマー病の前兆である可能性があることが分かった。≪写真は、アルツハイマー病の患者と付き添う介護士≫
 科学者は既に、アルツハイマー病の最初の損傷が脳の嗅覚をつかさどる部分に表れやすいことを指摘していたが、それが実験で確認された形となった。
 研究は、54-90歳の589人を対象に実施され、レモンやチョコレート、黒コショウ、バナナ、石鹸など、日ごろよくかいでいる12種類のにおいを識別させる一方で、認知力テストを行った。テストは1997年から5年間、毎年、実施された。
 その結果、30・1%の人が軽度の認知力の悪化を示したが、嗅覚機能が低下するほど認知力が悪化する危険性が高いことが分かった。嗅覚のテストで平均以下の成績だった人は、平均以上だった人に比べて、約50%、認知力が悪化する割合が高かった。この結果は、嗅覚の機能障害がアルツハイマー病の初期の症状の表れであることを示唆しているという。
 しかし研究者たちは、年齢の進行に伴う嗅覚障害の神経学的な基準が確定していないことや、他の神経学的な病気、例えばパーキンソン病などによるにおい識別能力の低下も考えられるところから、さらに詳細な研究が必要だとしている。〔AFP=時事2007年07月03日〕



アロマなどでもそうですが、嗅覚からの反応は、そのまんま大脳の反応としてあらわれますから、言われてみると「それもそうだな」という感じ。もっと研究を進めて欲しいところですね。