FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
いつの時代もそれまで真実とされていたものが、くつがえされたりすることは良くあることです。
最新のスポーツ科学に精通しているチームや個人であればあるほど、時としてその情報に振り回されてしまうこともあるようです。

「冷水浴をするとカラダが楽だ」

と感じていた選手達にとって、その時体感していた感覚は、いわゆるプラシーボ効果だったのでしょうか。


冷水浴は筋肉疲労回復に効果なし

激しい練習や試合の後に冷水浴(ice bath)をしても、スポーツ選手の筋肉疲労の回復を早める効果は得られないことが、オーストラリアの研究で明らかにされた。
冷水浴をすると、血管が収縮することにより、運動で生じた乳酸などの老廃物の含まれた血液が押し出され、冷水から上がると酸素を豊富に含む新鮮な血液が血管を満たして、筋肉の修復が促されるといわれている。
しかし、40人のボランティアを対象としたメルボルン大学の研究によると、運動後に冷水浴をした人は、微温(なまぬるい)湯浴の人に比べ、24時間後に筋肉痛を訴える人が多かったと英BBCニュースは報じている。
「この研究はスポーツ選手の冷水浴使用に異議を唱えるもの。冷水浴には痛み、腫れ、等尺性筋力および機能に対する効果は一切なく、むしろ翌日の筋肉痛を増大させるものだ」と研究グループは述べている。研究は、英医学誌「British Journal of Sports Medicine」6月号に掲載された。
(2007年7月10日/HealthDayNews)



客観的なデータなどは、この記事では明らかではありませんが、もう少し個人的にも情報収集してみたいと思います。