FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
当院へ来院される方の中にも、
「腕や脚など突然の脱力」
「原因不明の突然の強い頭痛」
「突然の歩行困難、めまい、バランスや協調の低下」
などを訴える方もいらっしゃいます。
お話を伺ったり、状態をチェックしながら、必要に応じて専門医への受診をすすめたりもしますが、この記事を見て、よりしっかりと評価して、より適切な対応を行うことの重要性を再認識しているところです。


見過ごされる“ささやき型”脳卒中も脳にダメージ

症状がごく軽度であるため見過ごされたまま放置されてしまう “ささやき型(whispering)”脳卒中に罹患する患者が、米国では極めて多数存在しているという。

米医学誌「Stroke」オンライン版に8月2日掲載された報告によると、被験者2万2,000人うち約18%がその症状を経験したことがあると回答しており、経験者は身体機能および精神機能が正常より低いことがわかった。研究を報告した米アラバマ大学バーミンガム校のGeorge Howard氏は、この種の脳卒中は大きな問題だと述べている。

今回の研究の被験者は、40%が黒人で、半数が女性。被験者は自分の精神および身体の状態に関する標準的な質問のほか、以下のような脳卒中の症状の有無についての質問に回答した:

・顔や腕、脚、特に身体の片側にみられる突然の麻痺や脱力。

・突然の混乱、発語や理解の困難。

・片方の目が突然見えにくくなる。

・原因不明の突然の強い頭痛。

・突然の歩行困難、めまい、バランスや協調の低下。

全体で約3,400人の被験者がこのような症状を経験していながら、脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)のいずれとも診断されていなかった。患者自身または医師が、治療を要するほどの症状とは考えなかったとHoward氏は推測している。しかし、損傷は確実に生じており、質問表への回答の結果では、症状のない人に比べて身体機能は5.5ポイント、精神機能は2.7ポイント低かった。

Howard氏は「現在、この群に脳卒中のリスク増大がみられるかどうかを検討しており、リスクの増大が認められれば、血液凝固を防ぐためアスピリンなどによる治療が必要だ」と述べている。

米国心臓病協会(AHA)のE. Steve Roach博士は「症状のない脳卒中の存在は1世紀前から指摘されており、医学的に新しいものではない」という。しかし、いわゆる「沈黙型(silent)脳卒中」あるいは「ささやき型脳卒中」の罹患率がこれほど高いという事実は、このような症状を患者自身、医師ともに見過ごしてはならないという明確なメッセージだとRoach氏は指摘している。
(2007年8月2日/HealthDayNews)




記事中にあるような症状を感じたら、早期に専門医への受診をするべきですね。
そして、このような疾患ではないことが確認され、症状も続いているようでしたら、当院へどうぞ。