FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
昔はスマートだったのに・・・ はぁ~

と嘆きながら、ため息をひとつ。
膨らんでしまったお腹をさすってみても、よほど居心地がいいのか、燃えていなくなってくれる素振りも見せてくれない皮下脂肪クン達。

嘆いていても始まりません。
やることをひとつ。
無理せず動いて、少しずつ余分な脂肪を燃焼させること。
さあ がんばろう!!




<厚労省調査>20歳時より10キロ増で心疾患リスク2倍

 20歳のころにやせていた男性が中年までに10キロ以上太ると、心筋梗塞(こうそく)など虚血性心疾患を発症する危険が高まることが、厚生労働省研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模疫学調査で分かった。研究班は「日本人の中年男性の肥満は増えつつある。若いころにやせていた人は、より、太り過ぎに注意する必要がある」としている。
 90~01年に全国の40~69歳の男女約9万人を追跡調査した。特に、20歳のころ、体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った肥満指数(BMI)が21.7未満のやせていた男性について、調査開始時までの体重増加と、その後10年間に発症した虚血性心疾患との関連を分析。体重が10キロ以上増えていたグループの発症リスクは、増減が5キロ以内のグループに比べ、約2倍高かった。アジア人で、20歳以降の体重増加と虚血性心疾患の発症リスクの関連が示されたのは初めて。ただし、女性では発症者数が少なく、検討できなかった。
 さらに、調査時にBMI30(身長170センチだと体重約87キロ)以上の「高度肥満」の男性グループは、標準体重(BMI23以上25未満)のグループに比べ、発症リスクが約2倍高いことも分かった。一方、女性やBMI30未満の肥満男性では、体重と虚血性心疾患との関連が見られなかった。
 研究班の磯博康・大阪大教授(公衆衛生学)は「日本の中年男性には、BMI30以上の人の割合は3%程度と、欧米に比べ大幅に少ない。肥満が虚血性心疾患の原因となるのは、発症者の2%程度とみられるが、将来を見据えて体重を管理することが、心疾患の予防につながる」と話している。
(8月22日 毎日新聞)