FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
成人ぜんそくは、確実に増えているようです。
記事にあるように小児ぜんそくとは、そのメカニズムは異なったもののようですね。実験ではマウスののどに毒をいれて炎症を起こしたようですが、実際の生活上では何が毒となっているのでしょうか。
西原研究所所長で医学博士の西原克成先生は、そういったアレルギーの背景に、「鼻呼吸」「冷たいもの中毒」「骨休めの不足」などを挙げています。
「骨休め」に関しては当院での施術も多少は貢献できているようですが、この場合、本人の基本となる生活習慣の見直しが大前提となりますからね。
もちろんこれは、成人ぜんそくの治療に限ったことではなく、病気全般に言えることなんですけどね。

慢性化する仕組みが解明できても、放出される物質を抑えることができても、それだけでは十分ではないですよね。
さらなる研究を期待しております。


成人ぜんそく仕組み解明 免疫細胞が悪玉化 兵庫医大

 成人に多い難治性ぜんそくは、かぜなどによるのどの炎症で免疫細胞の一種が悪玉化し、特殊なアレルギー反応が起きるのが原因とする研究結果を、兵庫医大の中西憲司教授(免疫学)らがマウス実験でまとめ、米科学アカデミー紀要(電子版)に28日、発表した。
 小児ぜんそくはカビやダニなどが原因で起きることが多いが、成人ぜんそくは自分の体が作り出す炎症関連物質が悪さをしているらしい。中西教授は「この物質の働きを弱められれば深刻な症状の軽減につながる」としている。
 佐賀大、大阪大との共同研究。中西教授はマウスののどに毒素を入れて炎症を起こし、反応を分析。炎症部位から出る物質がリンパ球の一種に働きかけて異常な免疫反応を起こし、呼吸困難や気管支炎を招くことを突き止めた。
 こうした免疫反応は繰り返し起きてぜんそく症状が悪化するが、この物質を抑えると症状が治まることも確認した。
 中西教授は「成人ぜんそくが慢性化する仕組みが解明できた。大型動物でも実験したい」としている。
(8月28日 産経新聞)