FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
ここ数日、仕事以外でパソコンに向かっている時間が長く、少々目がお疲れ気味。
神経も多少興奮気味なのでしょう、睡眠も寝られてはいますが、時間や質がちょっと良くないかなという日が続いています。
これがカラダの調子の低下につながらないよう、無理せず今日は寝るようにしよう。

今回取り上げた記事によると、『不眠2週間』がキーワード。
そうなる前に手を打つことが大切ですね。


鬱病の予防には睡眠

 不眠が鬱病(うつびょう)の初期症状となるケースが多いことから、静岡県の「うつ自殺予防対策モデル地区」に指定されている同県富士市で31日、不眠をチェックし、鬱病の早期発見につなげる「睡眠キャンペーン」が行われ、30人が参加。40~60代の働き盛りの世代の鬱病の減少を目的に「パパ、ちゃんと寝てる?」などと書かれたチラシを配布した。

 キャンペーンに協力している静岡県精神保健福祉センターによると、県内で自殺が最も多いのは50代で、それに次ぐ40代と60代を合わせると、全体の約6割に及ぶ。

 同センターの中垣真通主査は、不眠が2週間続くと鬱病の疑いが高いとし、「男性のメタボリック症候群の目安がウエスト85センチであるように、『不眠2週間』が鬱病の代名詞になるように周知を続けたい」と話している。
(9月1日 産経新聞)