FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
昨日は、睡眠とうつ病についての記事に注目しましたが、今度はカビ。
なんでも、カビのある家で暮らす人は、うつ病リスクが約40%高いとか。

うつ病 ⇔ カビ ⇔ アレルギー

という関係性が成り立ちそうですが、いずれにせよ生活環境もうつ病に関係しそうなのは、感覚的に納得します。

東京に住んでいた頃、仲間のY先生の住むアパートに遊びに行ったとき、大量のカビ発生とあまりのカビ臭さに、失礼を承知で土足であがったこともありましたっけ。
えらく怒られましたけど、Y先生もアレルギーもち。
さすがにうつ病にはなっていませんが、もしこの家に住んだら・・・を考えると、具合も悪くなりそうな感じでした。
その後、Y先生は引っ越しをされて、綺麗で快適な生活環境を手に入れたようですが、あのままあそこに住んでいたら・・・
それにしても、あの床や壁の色(カビによる変色)と臭いは忘れられない衝撃がありました。



家庭内のカビがうつ病の原因?

湿気が多くカビの生えた家に住む人はうつ病リスクが高いことが示され、米医学誌「American Journal of Public Health」10月号で報告された。

カビは真菌類に属するどこにでもいる微生物で、数万から数十万種が存在、毒性の高い代謝産物を作るものも多い。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、カビの胞子は室内、野外ともに一年を通してみられ、暖かく湿気の多い場所で急速に増殖する。通常は石鹸や漂白剤によるこまめな清掃で防げるが、水害により深刻なカビ被害が生じることもある。

米国では、住居内のカビの許容量についての指針はないが、カビの胞子を吸い込むと呼吸器のアレルギー反応が誘発されたり、喘鳴(ぜんめい)、息切れ、肺感染症のほか、鼻詰まり、咳(せき)、頭痛、皮膚や喉、目の炎症が生じたりするという。特に、アレルギーや喘息患者、癌(がん)の化学療法中などで免疫不全状態にある人はリスクが高い。

米ブラウン大学(ロードアイランド州プロビデンス)のEdmond D. Shenassa氏らは、カビと精神衛生上の問題との関連を検討するため、2002~2003年に世界保健機関(WHO)がフランス、ドイツ、スロバキア、ハンガリー、ポルトガル、イタリア、スイス、リトアニアの8都市から収集したデータを解析した。これは約3,000世帯、18~104歳の約6,000人の対象者に直接問診を実施したもの。

過去1年間にうつ病と診断されたかどうかの質問に加え、過去2週間に睡眠障害、自尊心(self-esteem)の低下、食欲不振、活動への興味の減少という4つのうつ症状があったかどうか尋ね、3つ以上あったとした人はうつ病とされた。また、住居の状態について質問すると同時に、湿気やカビについて視察により評価。さらに、居住者自身が住宅環境を管理できていると思うかどうか、カビ曝露に関連する呼吸器症状、疲労感、頭痛などの有無を尋ねた。

湿気やカビの全くない住居で暮らす人は57%であったが、地域差が大きく、カビがある家はポルトガルでは80%以上、スロバキアでは25%未満だった。被験者の9%がうつ病であるとされ、ほかの因子を考慮しても、カビとうつ病との間に関連がみられ、「カビのある家で暮らす人はうつ病リスクが約40%高い」とShenassa氏は述べているが、現段階では因果関係は明確にされておらず、さらに研究が必要とのこと。微生物専門家は「どちらが原因でどちらが結果であるかはわからないが、いずれにしても家の中にカビを見つけたら除去すべし」と述べている。
(2007年8月30日/HealthDayNews)