FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
慢性痛と急性痛とはそのメカニズムはまったく違います。
単純に急性の痛みが長く続いたものではありません。
慢性痛の痛みは「脳」が大きく関わります。
最近では、こういった情報もテレビなどでも見かけるようになりましたが、依然として「慢性痛=急性の痛みが続いたもの」という認識から抜け出せず、急性痛に対する治療を意味もなく続けてしまっているケースがまだまだ多いようです。

慢性痛克服のカギは「脳」です!!
いかにして脳に働きかけるかがポイントなのです。

それから、慢性的な痛みのセルフケアとしては、今回取り上げた記事にあるような方法も効果的ですよ。



慢性疼痛への対処法

6カ月以上続く痛みを慢性疼痛という。米国家庭医学会(AAFP)によると、鎮痛薬による治療のほかにも、以下のような治療法があるという:

・ストレッチ、筋力強化運動などの理学療法。

・水泳、サイクリング、ウォーキングなどの無理のない運動。

・疼痛を悪化させないよう日常活動を変える方法を学ぶ作業療法。

・ヨガや瞑想など、リラックスを促し、ストレスを軽減させるための行動療法。

・禁煙、十分な睡眠、適切な食事、十分な運動などの生活改善。

(2007年8月29日/HealthDayNews)