FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
紫外線不足も発がんを促すようです。
日光浴が推奨されていた時代、ビタミンDは食品などからの摂取が難しいものとされていたため、体内での合成を促すうえで日光は欠かせないものだったわけです。
研究が進み、ビタミンDの摂取が容易になると同時に、皮膚がんへの影響も懸念され、日光浴という言葉すら聞かれなくなりました。
一昔前では、母子手帳にも「日光浴をしましょう」と記載されておりましたが、今は、紫外線防止をキーワードにさまざまな商品も出回っております。
日光=悪者
というイメージが定着している感はありますが、どうやら日光不足も健康にはよくないようですよ。

そういえば、まったく食事を摂ることなく健康的に生きている「不食」の方たちは、習慣的に日光浴の時間をとっているケースが多かったと記憶しています。
地球上に生きるものとして、太陽の恵みを少しだけ分けてもらってもいいのかもしれませんね。



日光不足が発癌を促す
高齢者と慢性疾患患者は注意を

〔独ドレスデン〕 日光と皮膚―この 2 つの単語からだれもがすぐに癌を思い浮かべるほど,日光への曝露が癌を誘発することは広く知られている。しかし,紫外線(UV)不足もまた発癌を促す要因となることはあまり理解されていない。ホンブルク/ザール大学病院(ホンブルク)皮膚科のJőg Reichrath教授は「日光が悪性腫瘍を予防する機序において鍵となるのはビタミンDである」とドイツ皮膚科学会の第44回会議で説明した。

日光は悪性黒色腫も防ぐ
 身体に必要なビタミンDの90%はUV-B照射により皮膚で産生される。in vitroでは,ビタミンDが腫瘍細胞の増殖を抑えることが明らかにされており,ビタミンDのこうした保護作用は疫学データからも示されている。欧米の研究によると,乳癌の発生率には著しい南北格差があり,こうした地域による著しい差異は,日光による影響の強さだけから説明できるという。別の調査では,前立腺,大腸,卵巣の悪性腫瘍に関して同様の連関が証明されている。米国では,UV不足が原因で年間約 2 万人が癌で死亡していると見られている。
 死亡率を検討すると,他の癌種でも日光の好影響を証明することができる。悪性黒色腫も例外ではなく,日光を浴びることにより悪性黒色腫で死亡するリスクは明らかに低下する。膀胱癌による年間死亡率も,日照の多い地域住民のほうが日照の少ない地域住民よりも低いことが示されている。
 しかし,Reichrath教授は「この事実を無制限な日光浴の弁護と解釈してはならない。大量のUVへの間欠的な曝露が皮膚癌の発生を促すことに議論の余地はなく,日焼けは絶対に回避すべきである」と強調した。悪性腫瘍に対する予防効果は,低量の紫外線への慢性的曝露において認められ,日光浴はたまに長時間行うのではなく,頻回に短時間行うべきである。
 十分なビタミンDを確保するのに必要とされる日光は比較的少量であるにもかかわらず,ドイツでは特にUVの強度が低くなる秋季と冬季にビタミンD欠乏に陥る者が少なくない。とりわけ高齢者,乳幼児,皮膚が露出しないようベールで覆っている移民女性,他の疾患のために日光への曝露を回避している患者では注意が必要である。

25-OHビタミンD3の
欠乏を見抜く
 ビタミンDの欠乏あるいは十分な量の確保は,具体的にどのような数値をもとに判断すべきなのか。Reichrath教授は「従来は,血中1,25-(OH)2ビタミンD3濃度が正常であれば,警戒を解いてよいと考えられてきたが,これは正しいとは言えず,その前駆物質である25-OHビタミンD3が低濃度(<20μg/mL)であっても腫瘍の発生は促される。例えば,25-OHビタミンD3濃度が20μg/mLを超えている成人では,結腸癌リスクは 3 分の 1 に低下する」と指摘。「したがって,25-OHビタミンD3の欠乏を見逃さずに治療することが望ましい」と強調した。ただし,同濃度の最適値はまだ明らかにされていない。
 ビタミンDはかなりの高用量でも治療域内におさまるため,サプリメントによる補充が過剰投与につながる危険は低い。中毒性の副作用を危惧すべき用量は 4 万IU/日以上で,これは従来,高齢者に推奨されてきた600IU/日(ただし,この用量は少なすぎる)の60倍以上に相当する。
 晴れた日に,戸外でUVを全身に浴びると,皮膚では 1 万IUを超えるビタミンDが合成される。サプリメントを用いる場合,今日では4,000~ 1 万IU/日の補充が最適な量と考えられている。同教授は「 5 万IU/回のビタミンDを,週 1 回の割合で 8 週間投与するのが効果的かつ安全な方法であるが,例えば,高齢者ホームの入所者に対しては 5 万IU/回の月 1 回投与を長期的に継続するという代替法を検討してもよい」と指摘した。
[Medical Tribune 2007年8月30日 (VOL.40 NO.35) p.06]