FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
記事によると月経のはじまる2週間前から対策することが良いようです。
今回の記事は、主に食生活に関連した対策が掲載されていましたが、以前取り上げた(「高脂肪・高カロリーの食事は体内時計を狂わせる」)食生活と日周リズムとの関連という点から考えても、一見遠回りなようでも食生活をコントロールしていくことは、月経サイクルの安定へとつながるといえますから、月経痛のコントロールの上でも重要だといえますね。


月経痛を和らげる

月経痛は、女性の月経サイクルで一般的に見られる症状だが、その期間に向けて体を備えることで痛みを軽減できる。

米メリーランド大学メディカルセンター(ボルティモア)は、月経の始まる少なくとも2週間前から下記のようなことを心がけるように勧めている:

・果物や野菜を豊富に含む、健康的な食事を摂取し、ジャンクフードや高脂肪食を避ける。蛋白(たんぱく)質は、赤身の肉、魚、卵類から摂取する。

・サケやマグロなど、脂肪分の多い魚からオメガ-3脂肪酸を余分に摂取する。

・塩分の摂取量を減らす。

・カフェイン、糖分、アルコールの摂取量を制限する。

(2007年11月2日/HealthDayNews)