FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
忘年会シーズンに突入しました。
日本には、「飲みニケーション」という造語があるくらい、人間関係を円滑に図るのにお酒の席は切っても切れないものといわれていますが(勿論、世代によって感覚も違うようですが)、お酒が苦手な人も大勢いらっしゃるはず。

最近では、アルコールハラスメント、略してアルハラなんていう言葉もあるようで、これは、お酒を用いた嫌がらせや人権侵害のことをいいます。
このアルハラの定義には、以下の5項目が挙げられています。

①飲酒の強要
 心理的な圧力をかけ、飲まざるを得ない状況に追い込むこと。
②イッキ飲ませ
 場を盛り上げる為にイッキ飲みや早飲み競争等をさせること。
③酔いつぶし
 酔いつぶすことを意図して飲ませること。障害行為にあたる。
④飲めない人への配慮を欠くこと
 本人の体質を無視して飲酒を勧める、酒類しか用意しないこと。
⑤酔ってからむこと
 酔ったうえでの暴言・暴力、ひんしゅく行為、セクハラ。

場合によっては生命の危険を伴うこともあり、障害等の犯罪に発展する可能性のある悪質かつ危険な行為です。


これからの季節は、忘年会だけでなく、年越し・お正月・新年会…とお酒の席につく機会が格段に増える方も多いのでは。
アルハラのない、楽しい宴席にしたいものですね。




参考までに…

特定非営利活動法人ASK(アスク)(アルコール薬物問題全国市民協会)のホームページに、アルハラ度のチェックリストが載っていました。

1つでもあてはまったら、
「あなたは気づかぬうちにアルハラしている可能性があります…。当然ながら、数が増えるほど、アルハラ度は上昇します。」
だそうです。

チェックしてみてはいかがでしょうか。

□ 【1】 アルコールは練習すると強くなるものだ。

□ 【2】 後輩は先輩が注いだら飲むべきだ。

□ 【3】 男は飲めないとかっこ悪い

□ 【4】 吐く人のために、ビニール袋やバケツ・つぶれ部屋を用意している。

□ 【5】 みんなで酔っぱらってこそ連帯感が生まれる。

□ 【6】 宴会でソフトドリンクしか飲まないなんて、空気が読めないと思う。

□ 【7】 飲み会では、ちょっとくらい無茶をしたほうが楽しい。

□ 【8】 未成年でも少しなら飲ませてもかまわない。

□ 【9】 女がお酌をするのは当たり前。

□ 【10】 飲み会を盛り上げるイッキコールを3つ以上知っている。