FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
1年の世相を漢字1文字で表す2007年「今年の漢字」が12日、「偽」に決まったそうですね。
なんでも、今回で13回目となるこの公募も、過去3番目となる9万0816通の応募があったそうで、「偽」には投票の約18%が集中したそうです。
有名な土産物や老舗の料亭、年金記録、英会話学校、相撲…などなど、次々と「偽」が発覚したので、「何を信じたら良いのか、分からなくなった1年」という声が寄せられたとのこと。
ちなみに、2位は「食」、3位が「嘘」。4位以下には「疑」「謝」「変」などが続いたそうです。 

そして、住友生命保険が本日13日に発表した恒例の「創作四字熟語」では、(食の偽装が)「連詐反応(連鎖反応)」(を起こす)という作品が寄せられたそうです。

確かに、今年は特に「食の偽装」の発覚というニュースがとても多かったように思えます。
勿論、こういったことを行っているのはごく一部の食品会社であって、数多の食品会社は偽装などせずきちんと管理を行っている(と思いたい)のでしょうが、ここまで偽造発覚が続くとさすがに何を信じていいのかわからなくはなりますよね。

私が独立する前に勤めていた所のオーナーから、退職前に「これからの時代はより本物であるどうかかが問われる」ということを言われました。
業種を問わず、「真」を尽した本物であることが問われている、まさしくその通りの時代です。

今年もあと半月余りとなりましたが、残りの日々、そして来年以降も、決して「偽」とならないよう、誠心誠意、施術に邁進しようと思います。

来年は、明るい世相を反映した漢字や創作四字熟語が溢れればいいなぁー。