FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
体に関する言い伝えというものは、いつの間にか耳にしていたことが多く、はっきりとした根拠がなくとも、妙に信じてしまっていることって結構ありますよね。
今回は、アメリカで行われた、体に関する言い伝えと医学的な妥当性についての研究の記事です。 中には、聞いたことがない言い伝えもありますが…。「七面鳥を食べると眠くなる」なんていう場面は、日本ではクリスマスのときぐらいしか遭遇する機会はないですもんね。 所変われば・・・というところなのでしょうが、おもしろいですね。


暗い所で本「目悪くなる」 医学的根拠ない、と米チーム 「暗いところで本を読むと目が悪くなる」「毛をかみそりでそると濃くなる」など、米国で一般によく信じられている体に関する言い伝えについて、医学的な裏付けがないばかりか、誤りのものもあるとする研究を米インディアナ大のチームがまとめた。22日発行の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」クリスマス特別号に論文が掲載された。

言い伝え 判定
1日にコップ8杯以上水を飲むのがよい 食物に含まれる水分を忘れ、必要な水の量だけが伝わっているらしい。普通にジュース、牛乳などを飲んでいれば十分。飲みすぎると逆に有害なことがある。
私たちは脳の10%しか使っていない 「アインシュタインがそう言った」という説まであるが、脳の画像診断や代謝の研究などから、私たちは脳のかなりの部分を使っていることがわかっている
毛やつめは、私たちが死んでからも伸びる 死後に皮膚が乾燥し、張りを失ってそう見えるだけ。本当に伸びるにはホルモンの込み入った働きが必要で、死後は起きない
毛をかみそりでそると濃くなる 1928年に毛をそっても毛の成長に影響しないと実証した研究があり、最新の研究もそれを裏付ける。ただ、そった毛の先端は太く、黒っぽく見える可能性はある
暗い所で本を読むと目が悪くなる 影響はないということで大多数の眼科医の意見は一致している。最近は夜の照明が明るくなったのに、近視が増えている事実とも矛盾する
七面鳥を食べると眠くなる 含まれているアミノ酸・トリプトファンが眠気を催す可能性はあるが、実は豚肉やチーズの方が含有量は多い。ただ一般的に、食べると脳血流が減って眠くなる事実はある。
携帯電話は病院の医療機器に影響する 「計器異常」などの報告があり、多くの病院で使用が禁止されているが、英米の研究では、頻度は非常に低い。むしろ医師間の連絡が改善し、医療過誤が減るとの研究もある
体に関する言い伝えと医学的な妥当性(米インディアナ大チームによる)

 米国で医療関係者にも信じている人がいるという言い伝えを七つ選び、文献データベースやインターネットの検索で医学的な裏付けを示す研究があるかどうかを調べた。
 その結果、七つとも医学的な裏付けは見つからず、80年近く前の研究ですでに否定されているものもあったという。
 論文は結びで「このような言い伝えを信じるだけなら実害はないが、根拠のない治療法を勧めることは実害をもたらす可能性がある」と、科学的根拠に基づく医療の重要さを指摘している。

 携帯電話の医療機器への影響について、日本の総務省は06年、実験の上で「心臓ペースメーカーからは22センチ程度以上離す」などとした現行指針が妥当と結論している
2007年12月25日asahi.com