FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
世のだんなさま方、奥さまのストレスは解消されてますか?

幸せな結婚生活が妻の仕事のストレスを軽減
愛する伴侶が待つ家に帰ることや、幸せな結婚生活を送ることが、女性の仕事によるストレスを払拭することが、米国の研究で明らかになった。一方、男性は、どのような結婚生活をしていても、帰宅前にはストレスが和らいでいるという。

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者らは、夫婦双方がフルタイムで働く子育て中のカップル30組を追跡調査。3日間の調査中、被験者60人は、結婚生活の満足度調査に1度回答し、自分の1日に関する質問に1日2回、毎日回答した。また、被験者の唾液が1日4回(早朝、昼前、午後、夕方)採取され、ストレス下で分泌されるコルチゾール値が測定された。

その結果、自分の結婚は幸せだという女性は、幸せではないという女性に比較し、終業後に帰宅した際のコルチゾール値が大幅に低下することが明らかになった。研究著者のDarby E. Saxbe氏は加えて「幸せではないとする女性のコルチゾール値は1日を通して平たんで、ストレスが解消されないことを示している」と述べている。コルチゾール値が長期間高いと、うつ病、燃え尽き、慢性疲労症候群、人間関係の問題、社会適応の悪化、癌(がん)など、疾病や弊害を引き起こすといわれている。

研究者らは、結婚生活の満足度がコルチゾール値に与える影響を日常的に調査した最初の研究だが、結婚とストレスの関連性をさらに探求したいとしている。研究結果は、医学誌「Health Psychology」1月号に掲載された。(HealthDay News 1月1日)


このニュースを読まれて、うちの奥さんは大丈夫だろうか…と心配になったご主人もいらっしゃるのでは(笑)?
この記事によると、男性はどうやら「家庭」そのものがストレスを軽減させるようですが、女性はどうもそうはいかないようですね。
これって、言いかえれば、男性は単純、女性はデリケートということでしょうか?おや??(苦笑)

そのうち、「職場で家で気軽に測定“コルチゾール値測定キット”」なんてものが発売されたりして…。
世のご主人方が(勿論私も含めてですが)、「幸せだなぁ~」なんて思っていても、奥さまの1日のコルチゾール値にほとんど変化がなかったら、ショックだろうなぁ……。
でも、もしそんな結果が出てしまったら、奥さんが幸せだと思えるような家庭になるよう頑張らないといけないんですけどね。
大切な奥さまにはいつまでも元気でいてほしいですから。