FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
 自然のものが一番、ということなのでしょうか。


イソフラボンで乳がん減少 2万5000人の疫学調査

大豆などに含まれるイソフラボンの一種「ゲニステイン」の血中濃度が高い女性は、低い女性に比べ乳がんになる危険性が約3分の1となるとの疫学調査を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が7日発表した。血中濃度は食事として摂取する量に比例して高くなるという。

 調査は岩手、秋田、大阪など9府県の40-69歳の女性約2万5000人を平均で10年半追跡。この間に乳がんになった144人と、ならなかった288人について、保存してあった血液の成分を比較した。

 血中のゲニステインの濃度で対象を4グループに分けた結果、中央値が血液1ミリリットル中に約354ナノグラム(ナノは10億分の1)と最も多いグループは、約32ナノグラムと最小のグループより乳がんの危険性が3分の1と低かった。もう一つのイソフラボン「ダイゼイン」では同様の関連はみられなかった。

2008/03/07 【共同通信】



 また、この研究報告について、別の記事によると、

 なお同研究では、サプリメントなどによりゲニステインその他のイソフラボン化合物を過剰に摂取すると、乳がんリスクが高まる可能性があることも分かっている。

 研究チームの岩崎基(Motoki Iwasaki)国立がんセンター室長は、研究結果は通常の食事時のイソフラボンの摂取に限ったものであるため、食事の際の摂取には問題ないとしている。

 最近の別の研究では、大豆製品を中心にした食事をしている高齢女性は心臓病のリスクが低いとの結果が出ている。

 一方、英国では、アスピリンのような製薬を定期的に摂取すると、乳がんの発症リスクが大幅に下がる可能性があるとの研究が発表されている。
【3月11日 AFP】


と、ありました。



発症リスクを軽減する、という効果や効能を聞くと、つい、手軽に摂取できるものに手を伸ばしてしまいがちですが、手軽に摂取できれば出来るほど、適量を超えてしまうことってありますよね。
毎日の食事で必要分を摂取するということが一番理想なのでしょうけれど、それも実際は難しかったりもします。
イソフラボンに限らず、サプリメントはやはり、通常の食事で足りない分をあくまで補うものなんですね。