FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
腕を前方に伸ばすと、肩から腕にかけてビリッと走る痛みがあるという女性。
カラダの状態をうかがった後、状態をチェックしながら、痛みを感じている肩や腕ではなく、座ったまま骨盤をキュッキュッと、誘導すると痛みが消失。

とても不思議な顔をされていたので、

「腕ってどこからが腕だと思いますか?」と、私から女性に質問。

「ここからですか?」と肩の付け根あたりを指さされています。

「腕は、区分上はそこなんですが、機能上はここからなんです」と骨盤を触れると、

「そんなところからですか?」

「そうなんです。ここからなんです」と解剖図を見ていただきながら、説明させていただきました。

ということで、その後、骨盤調整をして、症状も完全に落ち着き、無事に終了となりました。



この女性のように、腕の骨(上腕骨:じょうわんこつ)と肩甲骨とが関節をつくっていますから、肩の関節から先が「腕」という先入観がある場合が多いのです。
解剖的区分では、これでいいのですが、機能上では、このイメージで運動させていると、あまり好ましくないんです。

実際、腕は、骨格的には胸の真ん中にある胸骨(きょうこつ)と鎖骨とがつくる胸鎖関節(きょうさかんせつ)から始まっています。

どういうことかと言いますと、肩甲骨は上腕骨と関節をつくっています。
そして、肩甲骨は鎖骨と関節をつくっています(肩鎖関節:けんさかんせつ)。
その鎖骨は、胸骨と胸鎖関節をつくりますから、腕の付け根は、胸の真ん中にあるというのが、骨格的な診方となります。


筋肉的にはというと、多くは肩の関節をまたいで上腕骨などにくっついていますが、カラダの下のほうに目を向けると、骨盤や背中の真ん中あたりから広背筋(こうはいきん)という筋肉が腕の骨にくっついております。
この広背筋、腕を後ろに引いたり、内側にねじったりする働きがあるのですが、この筋肉が繋がっているので、腕は骨盤から・・・ということになるのです。

腕の付け根が、胸の真ん中、あるいは、ある方向への動きの支点の意識を骨盤にもっていくと、腕ってかなり大きく動かせるようになります。それも無理なく。

このように、カラダの構造や機能に沿って、カラダのイメージ、動きの意識を変えてみることも大切なんですよ。