FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
積極的に飲んだ方が良いのか、はたまた控えた方が良いのか…

牛乳よく飲むと前立腺がん危険増? 厚労省調査

 牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く摂取すると、前立腺がんになるリスクが上がる可能性があることが、厚生労働省研究班の調査でわかった。牛乳は大腸がんのリスクを下げるともいわれるため、適度な摂取量がどれくらいか、今後問題になりそうだ。

 調査は95年と98年、全国各地に住む45~74歳の男性約4万3千人に食習慣などを尋ね、04年まで追跡した。この間に329人が前立腺がんと診断された。

 摂取量に応じて四つのグループに分け、前立腺がんとの関係を調べると、牛乳を飲む量が最も多かった人たち(1日あたり154グラムほど)が前立腺がんと診断されるリスクは、最も少ない人たち(同1.2グラムほど)と比べて1.53倍だった。

 乳製品に含まれる飽和脂肪酸が、前立腺がんにかかわる血中ホルモンの濃度を上げることなどが原因とみられる。世界がん研究基金と米がん研究所も昨年、乳製品などに含まれるカルシウムの大量摂取が前立腺がんリスクを「おそらく上げる」と報告した。

 一方、牛乳は大腸がんリスクを「おそらく下げる」との報告があり、乳製品が血圧を下げるという研究もある。今回の調査をまとめた国立がんセンターの倉橋典絵・研究員は「乳製品を控えるべきかどうかを考えるには、さらに研究が必要」と話す。
2008年04月16日 (asahi.com)



3日ほど前のニュースですが、世の牛乳好きには、なんともすっきりしない調査結果が出たようです。
「おそらく」と言われても、どれくらいなら飲んでも良いのか、または問題があるのか、きちんとした研究報告が欲しいところです。


牛乳に含まれるたんぱく質成分「ラクトフェリン」や、牛乳の脂肪に含まれる「共役リノール酸」、そしてカルシウムなどが、がんの予防に効果があるといわれているようですが、牛乳に限ったことではなく、例え病気の予防に効果がある、健康に良い、とされているものでも、それだけを偏って摂取することは、決して身体に良いことではないと思いますので、健康効果を示す際には、同時に、適量と、それを越すことで引き起こされるであろう弊害をきちんと示してほしいものですね。

一方で、「牛乳は飲まない方がよい」と主張する説も昔から根強くあるんですよね。

どのように情報を読み解いていけば良いのやら・・・