FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
野球選手に限らず、アスリートの場合、痛みによって競技パフォーマンスが落ちてしまったときには、手術によって再起を図るということも考えますよね。
しかし、手術前の状態に回復できる野球選手は、45%と報告されています。
この数字を多いとみるか、少ないとみるか。

日本では、野球選手が肩や肘にメスを入れる状態に陥ることが、そのまま選手生命の終わりを意味していた時代が長く続いていたことを考えると、45%という数字は、手術にトライする価値を見いだせる時代になってきたと言えるのかもしれません。

記事には「われわれはプロ野球選手の要求に合わせて処置をカスタマイズできる微調整の方法を検討する必要がある」というコメントが載せられていますが、手術後のリハビリなどを含めて、スポーツ医学のますますの発展を願います。
怪我してしまった選手に、希望の灯をともしてあげられるような体制になっていって欲しいですね。

微力ながら、私もお手伝いできるよう努力したいと思います。




肘や肩の手術で術前の状態に回復する野球選手は45%

〔サンフランシスコ〕フィラデルフィア・フィリーズのチームドクター助手でロスマン研究所(ペンシルベニア州フィラデルフィア)スポーツ医学研究責任者のSteven B. Cohen博士は「肘や肩の手術を受けた野球選手のうち,術前と同等またはそれ以上に回復して試合に戻ることが可能になった選手はわずか45%である」と米国スポーツ医学整形外科学会(AOSSM)のSpecialty Day集会で発表した。

微調整が望まれる
 Cohen博士は「もちろん,理想的にはすべての選手に術前と同等かそれ以上のレベルまで回復して欲しいと考えている」と述べている。しかし,プロ野球選手のレベルでは,投球に関して一般の人に比べてはるかに高い水準が望まれる。肩や肘の手術を受けた一般の人は通常の活動に戻ることが可能であるが,プロのレベルで投球することは肩や肘にかなり大きな負担がかかる。
 同博士らは,四季を通してさまざまな外科医が行ったプロ野球球団(メジャーリーグ,AAA,AA,A)に所属する選手44人の肩と肘の手術50件(肩26人27件,肘21人23件)について調査した。その結果,肘の手術を受けた選手は肩の手術を受けた選手に比べて,術前かそれ以上のレベルに回復する可能性が高いことがわかった。44人中35人は投手であったが,うち43%は術前またはそれ以上のレベルに回復している。
 全体として,44人中20人(45%)はプロ野球レベルで同等かそれ以上に回復した。メジャーリーグ,AAA,AAレベルでは22人中4人(18%)のみが同等かそれ以上のレベルまで回復した。
 同博士は「外科医としてこれは明らかに残念な数値で,われわれの望んでいたよりも低い」と述べ,「しかし今回の結果は,われわれが選手の故障を評価し,投球を行う腕を治療する際のエビデンスを示している。われわれの目的は,エリート選手を最初のけが以前の健康状態に戻すことである。それは競技以外で生計を立てている選手にとっても,選手を最高の健康状態にしておくことを希望する組織にとっても重要である。われわれはプロ野球選手の要求に合わせて処置をカスタマイズできる微調整の方法を検討する必要がある」と付け加えている。
[Medical Tribune  2008年5月1日(VOL.41 NO.18) p.59]