FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
ビルや路面からも紫外線 オフィス街、反射にご用心

 “反射紫外線”があなたの目を狙う-。都会のオフィス街では直射日光が少なくても、ビルや路面の反射により目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びている恐れのあることが、金沢医大と医療品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソンの共同調査で分かった。

 紫外線は視力低下を引き起こす「白内障」や「翼状片」の原因となる。同大の佐々木洋教授(眼科学)は「オフィス街では上からの紫外線を防ぐだけでは不十分。反射や散乱光が強く、日傘の効果は小さい」と指摘。サングラスやUV(紫外線)カットのコンタクトレンズが有効という。

 調査は昨年9月、東京都千代田区のオフィスビル前(路面はタイルと大理石)に、目の部分に紫外線センサーを埋め込んだマネキンを設置。日の出から日没にかけて顔の向きを変えながら、目に入る紫外線量の変化を観測した。

 その結果、常に太陽に背を向けていても、目に入る紫外線は太陽に顔を向けた状態の最大60-70%に達した上、朝夕と昼を比較しても目が浴びる紫外線量にあまり変化がないことも分かった。
【2008/05/12 共同通信】


肌の露出を極力控えたり、日傘を差したりなど、この時期、紫外線対策を行っている方も多いと思われますが、“反射紫外線”にも気をつけなくてはいけないようですね。
大都市に比べれば、盛岡のオフィス街は大規模ではありませんが、ビルだけでなく、路面からの照り返しによる影響も大きいようなので、これからの季節は特に、“反射紫外線”対策も行うのがよいようですね。